<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『採用基準』 伊賀泰代

4478023417採用基準
伊賀 泰代
ダイヤモンド社 2012-11-09



 マッキンゼー社の採用担当だった人が、マッキンゼー社の採用基準について述べているので、これからマッキンゼー社に入りたい学生・転職希望者としては読んでおくべき本と思われるが、それ以上に、著者が考える日本社会に不足している人材への思いが強く感じられる本だった。

 副題は「地頭より論理的思考より大切なもの」とあるわけだが、著者が最も大切としているのはリーダーシップである。しかし、勘違いしてはいけないのは、最も大切なのはリーダーシップ。これは絶対ないとならない。でも、地頭と論理的思考力も当然ながら全くないのはNGで、多少ある程度でも恐らくダメ。ちゃんとこの2つが高度に備わっていて、その上で強烈なリーダーシップが備わっていないとM社ではやっていけませんよ、ということだと思われる。

 M社のことだけではなく、今の日本の世の中に不足しているのは「リーダーシップ」であり、どこの会社にとっても必要なものだという主張で、さらにいえば、どこの会社も言っている「グローバル人材」育成なんてのは間違っていて、真に必要なのは「グローバルリーダーシップ」だろう、ということを主張している。英語がしゃべれてダイバーシティに理解があればグローバルに活躍できる、となるわけがなく、日本語で仕事もできないような人がグローバルに仕事ができるわけがないので、一般に言われる「グローバル人材」は自動的に「グローバルリーダーシップを持つ人材」を意味していると、自分的には思っているので、まぁ、このあたりの噛みつき具合はなんか無理やりっぽい感じもする。

 それにしても学生時代の就職活動であまりものごとをよく考えていなかった自分からすると、この本に出てくるような「M社でこうやって働きたい」と明確な意志を持っている人たちを自分は素直に尊敬する。そして、社内旅行の幹事となり、旅行の行き先を決めようとすると「その場所の意味は?」と猛烈に突っ込まれて深く考えてから決めないとならない話とか、どんな雑用でも積極的に進んでやり、面倒くさいとか、誰かがやればいいとかの考え方とは無縁のメンタリティとか、暑苦しさ満点で、自分には絶対にこういう仕事はできないなと思わせてくれる。

 とはいえ、著者の考える「リーダーシップ」というのが、常日頃自分が職場で後輩たちに不足しているものだと同感するところでもあり、非常に得心しながら読み進めた。ただ、どうすればこれを育てられるかを書いている本ではないので、そこの答えは出ない。しかし、「リーダーシップ」とは何かということを言葉を尽くして説明しているので、この本はM社の採用基準を語ること以上に「リーダーシップ」とはこういうものだ、ということを整理して言語化しているところに、この本の価値があると思う。


引用メモ


P38
(コンサルタントは)「考えることが楽しくて楽しくて」という人でないと(中略)不可能です。
→私の中途半端な考える力では無理だな。。


P50
分析が得意で理解力が高く、洞察が深いだけでは「頭がよい(intelligent,smart)」とは呼ばれない。最もインテリジェントだと思われているのは、構築型の能力がある人。
「独自性があり、実現したときのインパクトが極めて大きな仮説を立てる能力」(仮説構築力)であり、「ゼロから、新しい提案の全体像を描く構想力や設計力」」

→なるほど。でもそりゃそうだ。日本でこういう人が評価されるのはアカデミックな世界だけと書かれているがそうなのかもしれないし、違うのかもしれない(自分の知ってる世界だけでは答えが出せない)。でも、構築能力があり、それを実行する力があれば、それは評価されると思うのだけどな。しかも相当に高い評価をされるはず。問題はこういう方向に考える力を使っていない、使わずに仕事ができてしまうところにあるようにも思う。こういう能力が有効になってくるのは管理職でも相当上のレベルのポジションについてからだろうか。


P112
自分の実力を超えた仕事を任されている人は、「きちんと結果を出すべき重要な仕事」と「時間をかけるべきではないインパクトの低い仕事」を分け、優先順位をつけて取り組まざるを得ません。結果として、限られた仕事時間内においては、重要な仕事だけを手がけています。

→このあと普通に仕事をしていれば時間に終わってしまう人は全部きっちり細部まで詰めて仕事をやっても完成する時間の余裕があるので、高い視点で優先順位を見極められなくなり、すべてにおいて重箱の隅をつつくような仕事になってしまう、と続く。
まったくそう思う。でもそういう人には怖くて重要な仕事を与えられないのであーる。


P140
バリューを出す
→常に自分が組織に何か貢献したかを考える。打ち合わせでもごく短い時間の中でもバリューを出すことを求められる。


P142
ポジションをとる
「あなたの意見はなにか」「あなたが意思決定者だとしたら、どう決断するのか」
→中堅以上、管理職未満であってもこういう姿勢は求められると思うが、新人コンサルタントであってもこれを求められるのがM社ということらしい。


ところで、著者のブログだろうといわれているこちらのブログのこのエントリにほぼ同じことが書かれている。
これ読んどけばいいんじゃないかという気もするが、まさに「リーダーシップ」を言語化している。なんてわかりやすい例え!普段みんなが会社で感じていることをこう文章にするというのはすごい能力だなぁと感動。


リーダーがなすべき4つのタスク
 ①目標を掲げる
 ②先頭を走る
 ③決める 
 ④伝える


P219
リーダーシップにより、自分が気になっていた問題が解決できる
→リーダーシップは国・社会のために身につけるものではなく、自分のために身につけるもの
自分の行きたいところへ自分で行けるようになるために必要なもの
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-06-26 23:44 |

『ネットと愛国』 安田浩一

 うまねんさんのTwitterで大久保でのデモ(呼んでいいの‥)と本のことを知って読んでみた。

4062171120ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2book)
安田 浩一
講談社 2012-04-18



 在特会(在日特権を許さない市民の会)というものを全く知らなかったのだが、おぞましいデモを先のTweetで知り、この本で多少なりとも理解できた。(これを書いたのは2ヶ月ほど前だったと思うのだが、それ以来ますますこの手のニュースが広がっている。政治問題にもなっている)

 本を読み始めて違和感極まりないこの会の主張にいちいち反証を頭にイメージするのだが、途中からそういう作業が全く無意味だということがわかった。当初メモしながら読んでいたのだが、無茶苦茶すぎて話にならないということだけはわかった。

 世の中の、というかネット社会の動きとして、在日朝鮮人や韓国人・北朝鮮人・中国人を叩く傾向が強いことは理解している。最近ではYahoo!ニュースに対するコメントでもキツイ書き方のものが多く見られ、それらに対する支持がものすごい数で付いていたりする傾向は理解している。しかしながらこういうのを見ると本当にネット上の意見が偏っていることを感じないわけにいかないし、『ウェブはバカと暇人のもの』という本を思い出さずにはいられない。

 本は最後の方でだんだんと物悲しくなってくる。この会を構成している人たちは一般の人たちであるが、社会的な弱者で、自分の居場所がない人ばかり。他社に承認してもらいたいという欲求を抱いている人として描かれている。その人たちがさらに自分たちより地位の低い(と思っている)人たちを蔑み叩くという構図は、自分より下の人間を見つけて自分の位置を相対的に上げているのだということを表している。士農工商とさらにその下のあった江戸時代、もっとそれ以前の時代と社会構造は変わらないということか。。

 本の中身というか、書き方でいくつか腑に落ちないところもあった。在特会を「保守」と書いているが保守ってなんだろうか、と。この行動がネオナチ・排外主義と違わないのであれば、客観的に見て極右と呼ぶ方がしっくりくるような気がした。そもそもこの本では左翼に対して保守と書いている。左翼に対するのなら右翼だろうと。これもよくわからなかった。他にもいろいろ細かいところで著者の書き方・主張に違和感が溢れるのだが、メモも録っていたのだが割愛したい。

 少なくともこういう人たちがいて、ネット社会では支持する人もいるということがわかった。とはいえ、少なくとも良識ある人が聞いていられない主張を繰り返しているため、だんだんと下火になってきているかのような印象を受けた。ただ、きっとこういうものが受け入れられる素地が社会的にできてきているのは、やはり少し怖いと思う。またそうであればこそ、国全体・社会全体が豊かで「総中流」であることの重要性を感じた。中国のように社会の成長がいびつであればこそ、昨年のような反日暴動が起きるわけだから。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-06-23 00:29 |

代表月間

 久々に日本代表の試合をたくさん見ている

 今月は
  ・初めてホームでワールドカップ出場決定
     オーストラリアにまた勝てなかった、、、けど、面白い試合だった
  ・Awayのイラク戦をドーハで消化試合、しっかり1-0で勝利
  ・そのままブラジルへ移ってコンフェデレーションズ・カップで初戦ブラジル戦3-0完敗
  ・(この合間に韓国×イランとウズベク×カタールを生で見ていて無茶苦茶面白かった。
    キムヨングンの負けに繋がるミスと、チャンヒョンスのボランチを見た)
  ・中3日でイタリア戦、3-4で惜敗  ← いまここ

 コンフェデは組み合わせが決まったときから楽しみだった。

 ブラジル戦はドーハからの「連戦」や移動の疲れもある感じで「フレッシュ」というにはほど遠い感じだった。それでも、ブラジルのすごさはさすがというか、これがブラジルだよな、という感じだった。海外組+J2組で構成の日本は、シーズン終了後の疲れに連戦の疲れが加味されていてもったいない感じだった。でもそういうコンディションでどこまでできるのか、というのもやはり大事なことなんだろう。

 そのあとのイタリア戦、昨日録画を見たのだが、いやー興奮した。イタリアは中2日でコンディション不良。気温も湿度も高くてつらい気候だったらしいが、最初からイタリアの緩さは一目瞭然、ブラジルとのテンションの差が半端じゃなかった。そうなったら当然日本がボールを持てたのだが、得点シーン以外に5・6回決定機があり、本当に残念な結果だった。決めるときに決めておかないと、というのは大体僅差の試合で言われるセリフだけど、この試合でも言えることになってしまった。フリーの前田のヘディングシュート、岡崎のポストに跳ね返りの香川のヘディングがクロスバー、本田の右足がGK正面、岡崎のシュートがクロスバーで跳ね返りを詰めた吉田はオフサイド。長谷部のミドルシュートはゴールの角を掠めてスタンドへ。ものすごい数の「惜しい」決定機だった。

 これらがなぜ入らなかったのかは私には分からないが、試合を見ていて感じたのが、「なぜ日本はこんなに一本調子のリズムなんだろうか」ということだった。とにかく攻撃できる時間帯には休むことなく全力で攻めたてる。だからなのかわからないが、水を取りにいっている間にCKを入れられて失点し、2失点目の吉田のまずい守備、さらに最後の4点目はもうついていけないような状態だった。対するイタリアは、しんどいからブロックつくろうか、ゴール前に人を並べてなんとか凌ごう、という割りきりができていた。このあたりの心の持ちよう、試合運びは、やっぱり一朝一夕では築けないものなのだろう。

 2つの試合を見て感じたことがあとふたつ。ザッケローニ監督はやはり交代がうまくないということ(もうこれはどうしようもなさそう)、それと本田、香川、岡崎を除く攻撃のタレントには新しい突き上げが必要であるということ。前田、清武のポジションを突き上げるような選手が出てこないと、ワールドカップでさらに上に行くことはできないように見えた。あと1年で豊田や千真や柿谷が突き抜けてくるようなことがあれば夢も膨らむのだが(佐藤寿人だってみたいんだけど)。

 メキシコ戦でぜひ勝ちきってほしい。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-06-21 23:04 | 日本代表

『参謀』 森繁和

表紙がちょっと恥ずかしくて電車で読みにくい。。。

4062175983参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」
森 繁和
講談社 2012-04-06



 落合監督の『采配』にも出てくるヘッドコーチだった森繁和氏の本。落合本以上の表紙だ。。それにしても野球出身の人たちはどうしてこういうファッションなんだろな。。まぁ見た目が怖いのは釜本さんも一緒だけど。

 面白かったけどなんか頭に残っているかといえば。。。(2週間以上時間が経つと忘れてるな)

 コーチとは監督の下でチームの2番手なのだが、任されている以上は自分で考えて動き、自分がやりたい思いをしっかりと監督に伝えるという、極めて当たり前のことをきっちりやってることがわかった。やり方としてはオーソドックス。でもそれを高い質でやりつづけて結果を出し、信頼をどんどん得ていくというのはすごい。だから、たぶん指導方法や監督のやりとりだけでなく、もっと人柄や心の面で何か、本に表れないようなものがあったんじゃないかと思う。写真は怖いけどw

 中日ファンの人は先に書いた落合本と合わせて読むとたまらんだろな。これくらいの本を書ける監督とコーチが東京にも出てきますように(-人-)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-06-15 21:14 |

『藻谷浩介さん、経済成長がなければ僕たちは幸せになれないのでしょうか?』 藻谷浩介・山崎亮

 なんとなくみんなが直観で思っていることが正しいことを説明してくれて、ちょっとスッキリする本

4761513098藻谷浩介さん、経済成長がなければ僕たちは幸せになれないのでしょうか?
藻谷浩介 山崎亮
学芸出版社 2012-07-07



 『デフレの正体』の著者藻谷氏がコミュニティデザイナー(って何だよ、って感じだが街の再生をしている人らしい)の山崎氏の素朴な疑問に答えていくという構成の本。対談を基にして書かれているので非常に読みやすい。かつ、お二人とも日本全国各地で仕事をしているようなので、具体例が明確でわかりやすかった。

 この本については、タイトルを見て、かつ答えている人が藻谷浩介氏だったので、即読んでみたいと思った。タイトルが、かねてから自分自信の疑問であったこと、それから、藻谷氏については『デフレの正体』を読んだときに、その説明がわかりやすいなぁ、と思っていたことで、すぐに手にとった。日経新聞を読めば経済拡張を目指す論調ばかり、自分の職場も常に成長・拡張を目指し続けていることもあり、常々「なぜ現状維持ではだめなのだろうか」と思っていたので、ひょっとしてこの本に何かヒントがあるかもしれないと思ったのだ。まぁ、答えがあるかといえばあったようななかったような感じなのだが、日ごろ感覚的に感じていることについて説明がついたようなスッキリ感はあった。少し抜き出してみよう(と思ったら長くなったので以下リンク参照)。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-06-09 01:44 |