<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『大地の子』 山崎豊子

 これは壮絶・超絶な本。絶対読まなければならない本。

大地の子〈1〉 (文春文庫)大地の子〈1〉 (文春文庫)
山崎 豊子

大地の子〈2〉 (文春文庫) 大地の子〈3〉 (文春文庫) 大地の子〈4〉 (文春文庫)



 『二つの祖国』を読み、その内容と描写に息を呑み、こんな凄い本はないなと思っていたら、それを凌ぐ内容と描写で愕然とした。読むまで知らなかったのだが、『二つの祖国』のあとに綿密な取材をしつつ8年掛けて書かれたのが『大地の子』だった。そういう意味でも、読んだ順番も良かった。

 あらすじはWikipediaにすべて書かれている。筋がモロに載っているので小説を読む前に見たら、それはもう面白さが激減するので注意。

 中国残留孤児の話だという情報だけで読み始めた。ちなみに山崎豊子氏は「残留」という言葉には自分で残るという意志を感じさせるということで、「戦争孤児」という表現を使っている。この物語のスタートである敗戦間際の満州におけるソ連侵攻からの描写を見ればそれがよく分かる。もう、とにかく、こんなことが本当にあったのかと思うくらいドラマチックで凄惨だ。自分が子どものころ、テレビで中国残留孤児の肉親探のニュースを頻繁に見た記憶があるが、そのとき親に説明してもらって聞いていたものとは別個の、全く悲惨な内容だった。なぜ残されなければならなかったのか、そうならざるを得なかったのか、それがよくわかる。この一点をもってしても、日本人として読んでおかなければならない本だと感じた。

 こんな内容で4巻も話が続くんだろうか、果たしてこのあとどうやって物語が進むのかと思っていたら、これまた想像以上の(というか斜め上を行く)内容だった。この辺りは「いかにも小説」という箇所もある。以下多少のネタバレあり。


 最も印象に残っているのは、やはり冒頭の部分。ソ連軍の攻撃で母親が死に、兄妹でなんとか生き延び、牛馬の様に使役される中なんとか逃げ出し、育ての親に助けられ、国共内戦の中で長春を脱出するまでの壮絶な期間。『不毛地帯』の話も凄まじかったが、戦争が引き起こす恐ろしさと残酷さが濃密に描かれている。著者は長編小説においては最初が肝心だと書いていたが、まさにこの冒頭の話でやられた。あまりにこの本が凄すぎたので、著者の取材の内容や、この本にかけてきた著者の思いが知りたくなり、小説を読み終えてすぐの今現在、いろいろと周辺の本を読んでいる。他の小説の様に主人公そのもののモデルがいたわけではないようだが、戦争孤児を取材したときのエピソードが小説とほぼ同じで、一部輪を掛けてえぐいものであり、戦争が引き起こすものから決して目を逸らすな、という著者のメッセージを改めて感じた。

 その後の文革での冤罪による労改(ラオガイ:刑務所)での使役や拷問、文革後の出世と妹・父親との再会・葛藤、どれも主人公である陸一心の気持ちが痛いほどわかり、非常に胸を打った。著者が精魂込めて書き上げたという気持ちがぶつかってくる内容で、長く心に残り続ける衝撃的な内容。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-07-15 18:41 |

第16節 新潟×FC東京 無失点勝利

 録画観戦。ほっと一息ですね。

7月13日(土) 2013 J1リーグ戦 第16節
新潟 0 - 3 FC東京 (19:03/東北電ス/26,547人)
得点者:3' 高橋秀人(FC東京)、10' 渡邉千真(FC東京)、88' ルーカス(FC東京)

 水曜日に浦和に2-0から追いつかれて後味の悪さが残ったけれども、この試合も2-0になった。そこから全選手のすごい集中力が伝わってくる試合だったな。結果、無失点でさらにルーカスの追加点まで付いてきた(入るときはあんな難しいシュートも入るんだなぁ)。もっといえばナオのシュートも惜しかった。あれはファウルを受けてたけど。。それから忘れてはいけない、権田が凄かった。ヘディングシュート、田中亜土夢のシュート、他にもハイボールへの飛び出しやキャッチと安定してた。雨だったのにね。毎試合これを普通に、ぜひ。

 CKから得点したのも久々に見たし、へんてこなPKももらったし(ファウルはファウルだけど、アーリア早めに転びすぎ)、試合展開としては申し分なかった。それでも主審のジャッジが特に前半は不安定で、前半に遅延行為で森重がカードをもらったり、後半は連発だったりと、まぁ必死だったからしょうがないけど、もったいないところではあった。後半はだいぶ押し込まれていたけれども、相手の拙攻もあって助かった印象。このあたりが浦和や広島との違いなんだろう(浦和は水曜日に消耗したせいか、今日は川崎にすごい負け方してた)。

 それにしてもこの3試合、三田の働きが凄まじい。今日の前半はすぐに点が入ったからかそれほど目立たなかったが、後半は守備と残り10分くらいからの奮闘が凄まじかった。中2日でフルタイムであれだけ動き続けるのだから凄い。中継では「大学では2日連続フル出場もあったので全く問題ない」と紹介されていたが、それも納得の動きだった。ルーカスを控えに追い込むのも納得の充実っぷりだ。これで3試合連続高パフォーマンスを見せたということで、完全にレギュラーを掴んだ。しかも今や頼りになる存在。いやー、すごい。かっこいい、というかかわいい。全然満足してなさそうなところもいいな。もともとボランチみたいだし、米本と組んでも面白そう。でも、あのクイックネスは前のほうが生きそうだな。「人生変えるぜ」の林くんも頑張って欲しいね。

 ところで、この試合は相手の田中達也が光っていた。こんなに頑張ってるんだと思ったら、柳下監督も褒めていたので、いつも良いわけではなさそうだ。あとは田中亜土夢がやっぱり元気で、25歳という年齢を見て驚いた。昔からいるのでもっとおっさんだと思ってたよ。最後の徳永との接触で痛めた足がなんともなければいいけど。

 次はずーっと勝てない城福甲府と(今日も湘南に負けた)。羽生は見たかったなぁ。水曜日、味スタに行けるかな。。

 そうそう、あと、今日は監督の交代が(いつもよりは)早めに行われていたので改善が見られた。選手は現場の一戦に集中して、マネジメントサイドはもっと大局でみるべきでしょ。こういうのをしっかりと続けて欲しい。あと米本の膝のテーピングと途中交代が気になりました。以上。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-07-14 03:10 | FC東京

『二つの祖国』 山崎豊子

 かねてから読みたいと思っていた本をやっと読んだ。山崎豊子の本は『華麗なる一族』『沈まぬ太陽』『不毛地帯』を読んだが(『白い巨塔』は途中でやめた)、『不毛地帯』を読んだとき以上の衝撃を受けた。自分の知らないことのなんと多いことかと、本を読んでいろいろなことを感じられ、本当に読んで良かったと思った。

二つの祖国 第1巻 (新潮文庫 や 5-45)二つの祖国 第1巻 (新潮文庫 や 5-45)
山崎 豊子

二つの祖国 第2巻 (新潮文庫 や 5-46) 二つの祖国 第3巻 (新潮文庫 や 5-47) 二つの祖国 第4巻 (新潮文庫 や 5-48)


 話の筋はwikipediaでどうぞ。wikipediaだと完全ネタバレなのでお気をつけて。

 この本の主人公天羽賢治は、例によってモデルとなる人がいたそうだ。しかもかなりの部分が重なっていて驚いた。こんな劇的な人生を送った人がいるのかと。


 印象的なシーンをいくつか
 ・日系人の強制収容所
  → 初めてイメージをつかむことができたし、その雰囲気を感じられた
  → これまで住んでいたところから突然連れていかれ、馬小屋に何人も押し込まれるという家畜同然の扱い
  → 伝統あるサンタアニタ競馬場が収容所だったことは知らなかった
 ・差別を受けながらも志願し、ヨーロッパ戦線で戦い戦死していく2世たち
 ・陸軍日本語学校での語学兵になるための猛特訓
 ・フィリピンでの日米の戦闘・前線の模様
  → 戦闘の凄まじい描写、言語兵の活躍の描写
 ・原爆の被害の凄まじさとそれを隠すアメリカ
 ・極東軍事裁判でモニター(言語調整官)という苦しい役回り
  → 東京裁判の模様が詳細に描かれている
  → 被告と証人のやりとりに、天皇を守ろうとする裁判官・検事・弁護団のせめぎあい
  → 戦勝国による不正な弾劾裁判であることを印象付け、
    東条英機などA級戦犯者を美しく描いているところに違和感を感じつつも、
    この描写を読んでいるときは、思わずその人物像に惹きこまれていってしまう
 ・原爆の被害者となる2世=アメリカ人
  → アメリカ人にも関わらずアメリカに殺されていく・・・

 戦場にしてもヒロシマにしても、裁判所にしても、どの描写にしても、匂い立つような、濃厚な描写で息詰まるような感覚さえ覚えるものだった。

 もっとも印象的なのは、
 「父さん、母さん、僕は、勇や忠のように自分自身の国を見つけることができませんでした」
 という賢治の悲痛な心の叫びであろう。

 最近忙しくてつらい日々が続いているが、こういうものを読むと、自分の悩みのなんと小さなことかと思ってしまう。


 日系人強制収容所、442部隊、言語調整官、極東軍事裁判、ヒロシマ、ルソン、フィリピン
 → これらのキーワードをもとにもっと深く知りたいと思った。

 モデル伊丹明 (wikipedia
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-07-13 01:21 |

第14節 FC東京×広島 また負けた

 広島にはほんとに勝てないねぇ。

7月6日(土) 2013 J1リーグ戦 第14節
FC東京 0 - 1 広島 (18:34/味スタ/27,852人)
得点者:90'+4 パクヒョンジン(広島)

 玄人好みというか、じりじりとした試合展開で、なかなか面白い試合だった。たくさんきていた子どもたちや、その親御さんに魅力的だと映ったかどうかは、はなはだ疑問ではあるのだが、リアリスト同士の試合というところだったろうか。それだけに、引き分けを狙うのであればきっちりと勝ち点1を獲って終わるべきだし、特にベンチというか監督の采配に疑問を感じた試合だった。

 前半も後半も、お互いに相手のミスを待つようなゲームで、とにかくブロックを敷いて守る、相手のミスに乗じてなんとか1点獲る、という作戦だったように見えた。だから、攻撃が終わると次は守備、というのがハッキリわかる試合展開で、攻撃と守備が行ったり来たりという動きの激しさはなかった。暑さのせいもあったと思うけど、広島と東京の形の組み合わせからくるものに見えた。

 僕がストレスを感じたのはベンチワークの消極さのせいだ。監督は変える必要はなかった(J’s GOAL)と言っているが、何人かの選手は後半30分頃から脚が止まっていたのは明らかだったわけで、言い訳にしか聞こえない。ピッチで死力を尽くしているのだから、やはりベンチも知恵と工夫の最善を尽くしてほしかった。それで負けたのならスタンドもピッチの選手もベンチの選手もベンチ外の選手も納得感が得られると思うのだが言いすぎだろうか。

 暑さか中断のせいか上位の試合結果にこれまでの流れとの違いを感じるだけに、もったいない敗戦だったなぁ。。

 
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-07-07 23:39 | FC東京