<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今年のFC東京と日本代表をちょこっと

随分久しぶりすぎてブログの書き方を忘れてしまった。
かれこれ1年弱ぶりだ。東京のことはもっと前から書いてなかった。。

昨年ほどではないが、読み溜めた本のメモを投稿していきたいというのもあるが、それをする前にやっぱりこのブログの本分であるFC東京とサッカーについての記憶を記録しておこう。
f0017246_23004499.jpg


今年の東京は監督交代から始まった。
東京はポポと契約を結ばず満了。より順位が上のセレッソ大阪がポポビッチに触手を動かすという不思議なこともあった。その関連で長谷川アーリアジャスールも連れて行かれた。
ポポと契約を結ばなかったのには全く異論がなかった。2年目でもあまり改善が見られず、城福さんにも似た言葉のモチベーターであったとは思うが、敗戦や成績の悪さを審判等の外部要因に求めることも多く、あまり好きなタイプではなかった。

新しく来たのがマッシモ監督。今年が1年目なのだが、しっかりと自分色を出して、チームが変わってきている、強さを身に着けてきているという点が何より嬉しい。大熊さんのバージョンアップ版みたいな感じか。その大熊さんは大宮で監督となり、このクラブらしく途中で解任され、最終節前で16位という得意のポジショニングだ。あのスタジアムは大好きだが、こんな位置にもいるので、一度落ちてみてはいかがかとと思う。

さて、我が東京は、今年十何戦負けなしという記録を作ったり、上位への挑戦権を得たところで勝てなかったり負けてみたり、終わってみれば8位だか9位だか、というそんないつもの位置にいる。でも、これまでどおりムラのあるチームカラーは少しずつ粘り強さがでてきたかな、勝利に貪欲さを失わないようなチームになってきたかな、という気もする。このあたりは2年目にマッシモさんと選手たちが強い覚悟を持って取り組んでもらわないと、いい加減、もう、いつまでもこんなんじゃだめですよ。ニワトリとタマゴじゃないけれど、強いクラブになってスタジアムを(有料の)お客さんで満員にしたいのなら、優勝争いして、優勝しないと。2ステージ制だろうがなんだろうが、まず勝って、そっからだ。弱いし、4万人超えると負けちゃうんだから、浮動票を掴むことなんかできない。

そんな中でも今年の一番の話題が武藤だったのは間違いない。ユースのことは全然フォローしていない私からすれば「あらイケメン」くらいにしか思ってなかったし、1戦目、2戦目では「ナオの若い版?なんで先発?ナオの方がいいんじゃないの?」くらいに思っていたが、1点獲ってからの成長具合が半端じゃなかった。確信したのが浦和戦での2点目で、「10年以上東京見てるけど、こんな選手見たことない」というのが正直な感想だった。夏の時点で、このオフにいなくなっても驚かんな、と思ったものだ。おまけに香川らの代役で入った日本代表で新チーム発足後の初ゴールを豪快に左足ミドルで決めるという離れ業。ここ数試合では先発に回って結果が出ていないが、守備面では超絶貢献しているので全然問題ないだろう。森重、太田も代表に定着して、来年初のアジアカップに楽しみが増えた。
f0017246_23015245.jpg

ところで、今年2014年はワールドカップイヤーだった。日本代表については、これまでになく期待してしまったせいか、0勝1分2敗の結果にはガッカリだったが、日本代表の現在地がよくわかった大会だったと思う。1勝もできなかったアジアのレベルが低すぎると言われるが、我々からすれば時差・季節ともに真裏へ行ってるんだから、「そんな簡単に行くわけねーよ」という感じもする。また、世界全体が進化しているのだから、相対的に見て日本だけが前に進めるわけはないのだ。

大会ではアルゼンチンの粘り強さ、コロンビア、チリ、コスタリカ、USA等の中南米勢の活躍が楽しかった。やっぱり地元(広い意味での)ってあるんだよ。で、なによりもやっぱりドイツの強さと、ブラジル戦の見てはいけないものを見てしまった感。あれは強烈だった。朝からなんだか気分悪く会社へ行ったら、上機嫌なドイツファンの女性部下がいて、ちょっと怖いなと思ったのを覚えている。

来年はアジアカップに女子ワールドカップ。JリーグはJ1に山雅が上がってくるのと湘南がどこまで強いのかが楽しみ。東京については、どれだけ進化できるんだろうかというところがポイントで、いつもながら開幕直前まではフラットな気持ちでオフシーズンを見守る所存です。


[PR]
by vamos_tokyo11 | 2014-12-03 23:11 | FC東京