タグ:ガンバ大阪 ( 15 ) タグの人気記事

第33節 G大阪×FC東京 お互いこの順位にいるわけか・・・

 テレビ録画観戦。
 広島優勝おめでとうございます。このサッカーはCWCで期待しちゃいますね。

11月24日(土) 2012 J1リーグ戦 第33節
G大阪 2 - 2 FC東京 (14:33/万博/19,393人)
得点者:21' 徳永悠平(FC東京)、37' 家長昭博(G大阪)、62' 家長昭博(G大阪)、84' 渡邉千真(FC東京)

 勝って降格圏を脱したいガンバに対して、目標がない東京。でもこの試合の東京は気合入ってた。先制ゴールが左SB太田のクロスから、右SB徳永のゴールだってのを見ればわかるし、それ以外にもみんな頑張ってた。こういうのがいつもできればねぇ。でもこの内容なら勝たないといけない試合だったよな、と。

 試合自体はどつきあいで面白かったんだけど、それにしても、いかにも中位・下位の試合という感じで、特にガンバがなんでこの順位にいるのかよくわかるゲームだった。中盤から後ろの選手が不用意なパスミスや、ボールの奪われ方を連発しまくり。こういうのをやらかした結果、ゴールをボカスカ入れられているから、あの失点数、順位なのだろう。で、そういうプレゼントをもらっても決められない東京も、また同様。決めてりゃこの試合だって楽に勝ててたのに。。。そう考えると、降格圏にいないだけでも御の字なのかもしれないけど。

 来週は完全に消化試合になってしまった仙台戦。すごいのが、うちの試合と清水×大宮以外はACLか残留の要素が絡んでる。さらに清水は賞金圏内が掛かっているのでそれなりにニンジンあり。なのに俺らはなんも無いなんて。まったく、来週は目の前で優勝阻止してやる!って思ってたのに。。。残留争いじゃないだけましと思おう。

 それにしても、セレッソは今日負けて、降格の目が残ってしまった。えらいこっちゃ。あと、上のほうでは豊田の得点もすごいことになってる(常日頃から思ってるんだけどハーフナー・マイクじゃなくて豊田を代表に呼べよ)。というか鳥栖すごい、J2から上がってきて活躍するチームは東京じゃなくて鳥栖だったという事実が・・・広島、柏、仙台のあとを追ってるのは東京じゃなくて鳥栖だった・・・(泣)。


◆おまけ 最終節の試合

 12月1日(土)鹿島×柏  柏のACL狙い
 12月1日(土)浦和×名古屋  ともにACL狙い
 12月1日(土)東京×仙台  なんもなし!
 12月1日(土)横浜×鳥栖  ACL狙い
 12月1日(土)新潟×札幌  残留争い
 12月1日(土)清水×大宮  清水は賞金圏内あり
 12月1日(土)磐田×G大阪 残留争い
 12月1日(土)C大×川崎  残留争い
 12月1日(土)神戸×広島  残留争い

 降格の可能性は、セレッソ、神戸、ガンバ、新潟。大阪の2つともが落ちる可能性はないけど、最終節で逆ったらすごいな。今季最終節は味スタじゃなくて家でスカパーが正解じゃないだろうかと思ったり。。。いや、もちろん味スタ行くけど。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-11-25 01:23 | FC東京

17節/18節 ガンバと鳥栖

 またまとめて。雨の味スタ出勤、鳥栖は録画観戦。

7月7日(土) 2012 J1リーグ戦 第17節
FC東京 3 - 2 G大阪 (18:35/味スタ/24,633人)
得点者:3' 中村北斗(FC東京)、17' ルーカス(FC東京)、31' 遠藤保仁(G大阪)、44' ルーカス(FC東京)、62' 佐藤晃大(G大阪)


 ガンバ戦は今野がいることもあって絶対負けてほしくなかったんだけど、味スタでの相性の良さのとおりしっかり勝ちきった。ガンバのふんわり感がすごくて全く負ける感じはなかったんだけど、バタバタ感があってどっちもどっちな感じがした。よくこの順位にいられるな、というのが正直な感想。ガンバはこれはもう一回監督変えないと落ちるなという雰囲気。たぶん危機感を持ってるのは今野だけなんだろうけど。

 試合の内容もだけど、雨が降り込んで来て、ゴミ袋に穴開けて被ったのが記憶に残る試合でした。


7月14日(土) 2012 J1リーグ戦 第18節
鳥栖 1 - 0 FC東京 (19:04/ベアスタ/13,891人)
得点者:87' トジン(鳥栖)


 五輪組が不在になる前の最後の試合。安定感がある(ように見える)鳥栖と、不安定極まりない東京の試合。0-0で後半30分を超えてやばい感じがしてたら、セットプレーから失点して負けてしまった。あれを決められちゃしょうがないかなぁ、というような点で合わせるセットプレーだった。

 試合の流れは前半の最初の方は鳥栖、途中から東京。鳥栖の守備がうまくてショートカウンターくらいまくり。あの時間帯によく失点しなかったな、サッカーってほんとに点を取るのが難しいんだな、と思うような展開。あーゆーあとにポコンと点が取れたりすれば、、と思ったんだけど叶わず。相手を脅威に感じたけれど、相手に脅威を与えられるようなところまではいけなかった。

 交代は相変わらず謎。SBを交代するってのはどういうことだろうか。最後の交代はいつもより少し早くなって88分(笑)。もう何がしたいか全然わからない。ほんとにオシム爺のもとでやってたんだろうか。唯一の明るい点はナオの復帰。右サイドでの突破は見られなかったれど、左足の落ちるボレーは枠内を捉えていたし、2週間後の試合から完全復帰してもらえると嬉しい。


 あとエジミウソンのローン移籍が決定したらしく、その裏で重松健太郎が甲府へローンとなった。重松にとってはよかったよな。これだけ前が仕事しないチームで試合に出してもらえないんだから良い決断だと思う。城福さんにしっかりアピールして赤嶺級の活躍を期待してます。もっと試合に出るところを見たかったよ。エジミウソンは映像見ると太いね(笑)。新潟の応援とボビーオロゴンに似てるというイメージしかないんだけど、どうなのかな。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-07-15 21:20 | FC東京

第29節 FC東京×ガンバ大阪 ラスト6

f0017246_0554347.jpg 勝ち点1死守。

11月6日(土) 2010 J1リーグ戦 第29節
FC東京 1 - 1 G大阪 (15:06/味スタ/27,816人)
得点者:20' 大黒将志(FC東京)、82' 中澤聡太(G大阪)

 3家族で集まっていたはらっぱ祭り@武蔵野公園から自転車で14時過ぎに到着。ひとりで公園を去ると子どもが「一緒に行く!」と大騒ぎするので、子どもたちがシャボン玉に夢中になってる隙にこっそり脱出成功。はらっぱ祭りはなかなか楽しかった。

 東京は梶山が出場停止。羽生を真ん中に置いてリカを左へ、と予想したが、大熊監督は羽生を左にそのまま、出場停止明けの徳永を米本の相方に指名した。その他のスタメンは前節と変わらず。スタメン選手とそのポジションが固まってきた効果が結果として現れ始めているだけに、この配置はある意味正しかったのかも。

 前半は圧倒的な東京ペース。前へ出る守備が非常に効果的で、ショートカウンタもたくさん出たし、シュートもたくさん打った(前半で10本以上)。ただ、最初の5本くらいはちょろちょろ転がるやつで、力み過ぎというか、シュートセレクションがちょっと悪かったかも。でも撃たなきゃ入んないんだし、最初は勢いに乗るという意味でもよかった。藤ヶ谷に何本が止められつつも、先制は東京。左の羽生が右足に持ち直してニアに放り込んだボールは大黒が頭で流し込んでゴール。羽生って動き出した選手に合わせるのがほんとにうまい。左で使った大熊采配もずばり。その後も前半は押しまくってたので、あの時間帯にもう1点ほしかった。前半危なかったシーンは遠藤のFKくらいか。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-11-08 01:02 | FC東京

第8節 G大阪×FC東京 がまんがまん。。。

 スカパーe2で追っかけ再生観戦。

4月24日(土) 2010 J1リーグ戦 第8節
G大阪 2 - 0 FC東京 (17:03/万博/17,590人)
得点者:66' ルーカス(G大阪)、75' 宇佐美貴史(G大阪)

 昨日は上野のお寺で妻のおばあさんの法事だった。初めて法要なるものに参加するので、法要とはどういうものなのか多少楽しみでもあったのだが、1歳10カ月の子どもが元気に騒ぎまくるので結局お堂から外へ出て子どもの面倒を見ることに終始。お焼香だけさせていただいてほとんど参加できなかった(苦笑)。お焼香すること自体も驚いたが、お寺が古く歴史のあるところだったので、子どもと外を歩いてて意外に楽しんでしまった。というわけで帰宅してから17:45くらいから追っかけ再生で観戦(その後夜中まで一緒に見た仲間と大吟醸を飲む)。

 前半はわりと東京ペース。あれ?って感じだが、ルーカスも遠藤もいないので相手の攻撃時にボールを取れる取れる。ガンバは前線でボールが収まらないし、イーブンボールを競いあうとことごとく東京守備陣が勝っていた。攻撃面でもサイドを起点にシュートまで行く場面も多かった。しかしこの良い時間帯に点が取れないのが今の東京。最大のチャンスはリカルジーニョが左サイドでキープして右サイドのスペースへ出したボールをナオが飛び込んで拾ってGKと1対1の場面。後ろから安田理に押し倒されたが笛はならず、シュートできずにボールはタッチラインを割り、なぜかガンバボール。後ろからのファウルに見えたのでPKを見逃がされたように見えたし、おまけにゴールキックがCKになった。主審は安田がボールを掻きだしたと判断したのだろうが残念なシーンだった。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-04-25 17:37 | FC東京

第8節 G大阪×FC東京 ダイジェストのみ

 2戦連続Jリーグタイム。

4月29日(水) 2009 J1リーグ戦 第8節
G大阪 4 - 2 FC東京 (19:03/万博/16,853人)
得点者:19' オウンゴ-ル(G大阪)、25' ルーカス(G大阪)、47' レアンドロ(G大阪)、68' チョジェジン(G大阪)、79' 石川直宏(FC東京)、81' 鈴木達也(FC東京)

 大分に続いて見ていません。Jリーグタイムは殿で登場。あっという間に4点取られてしまってました。。。早々に不運な羽生バックヘッド。ルーカスのゴールは、直前の守備で皆の脚が一斉に止まってたりと悪いところばかりのダイジェスト。石川、鈴木と見事なゴールが2発あったけれども。。。

 監督インタビューではディフェンスラインの交代が痛かったとあったけど佐原は怪我だろうか?ちょっと心配だなぁ。。。シュート8本で4点取るガンバもすごいけど、10本で2点取った東京もたいしたもんだ。でも4点取られたらなかなか勝てない。割りと失点が少なかっただけに、この崩壊っぷりは心配。見てないからわからないけど。

 7人入れる控え選手にFWが赤嶺だけだってのもちょっとねぇ。。。(達也はMF登録)。浅利と米本を両方控えにおいているのはどうなんだろう。最近選手層の薄さが気になる。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-04-29 23:37 | FC東京

天皇杯決勝 ガンバ大阪×柏 ACL予選終了

 あけましておめでとうございます。
 準決勝の前にチケット買ってしまってたもんで行ってきました。

1月1日(木) 第88回天皇杯決勝
G大阪 1 - 0 柏 (14:00/国立/44,066人)
得点者:116' 播戸竜二(G大阪)


 今シーズン最後の試合、天皇杯決勝。この天皇杯初めての参加が決勝で東京がいない。トホホ。。。天気が良くて風がなければ温かいくらいのコンディションだったが、スタジアムコンコースで緩衝地帯のゲートが開くのをずっと待っていたので体が冷えきった。キックオフ前の整列には門が開いてなんとかキックオフには間に合った。

 どんだけガンバが疲れてるんだろうかと思ったが、案の定試合序盤は柏ペース。最初の20分弱は圧倒的な柏ペースだった。ガンバのコンディションは見るからに悪そうだったけど、メンタルは燃え尽きてない感じで、守備陣はなんとなく余裕っぽくも見えるような感じだった。

 前半20分を過ぎるとガンバが次第にペースを握るから面白い。パスとかメチャクチャ正確だし、慌てない。圧倒するようなスピードがなくても相手の逆をとりながら、確実に次につながるパスを紡いでいくとしっかりとゴール前までいけるんだということがわかった。柏も序盤に飛ばしすぎたせいか押し込まれる時間帯が多くなった。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-01-02 01:02 | 天皇杯

CWC 3位決定戦を録画、決勝を半分

 録画でガンバ×パチューカ、BS日テレの再放送で決勝を前半だけテレビ観戦。

12月21日(日) FCWC 2008 3位決定戦
パチューカ 0 - 1 G大阪 (16:30/横浜/62,619人)
得点者:29' 山崎 雅人(G大阪)

 いやー、すごいわ、ガンバ。この日程であの中盤の構成力の高い相手に正面から自分たちのスタイルでぶつかって勝った。途中で奥寺さんが言ってたけど、中と中でつなぐパチューカに対して、裏もつけるし長短織り交ぜるパスもガンバのほうがバリエーション豊かで効果的だった。山崎もこんなにシュートがうまい選手だなんて知らなかった。

 北中米のトップクラブとは差がないということがよくわかったんだけど、アフリカのクラブとやるとどうなるか、とかそういうちょっと違う面を見てみたい気がした。そんなことよりも、今週中に天皇杯が名古屋とあるガンバ。しんどいだろな。でも来年この大会(CWC)に戻ってくるには天皇杯を勝ち上がるしかないので、そういう意味じゃ燃えるんだろうか?遠藤がまた体壊さないことを祈ります。


12月21日(日) FCWC 2008 決勝
リガ・デ・キト 0 - 1 マンチェスター・U (19:30/横浜/68,682人)
得点者:73' ウェイン・ルーニー(マンチェスター・U)

 決勝は前半だけ23時から見て、後半は疲れと眠さで断念。ちょうどやべっちで後半のダイジェストを見た。前半はガチガチに守られて2バックのマンU。やっぱりそれだけ差があるんだろうなという感じ。あれが決勝かと思うとなんかひどい(笑)。結局ルーニーのゴールでマンUが勝ったんだけど、あれでキトが勝ってもやだなぁ。

 もう少し攻撃のできるクラブが南米からも上がってきてもらわないとな、と思いました。


 ところでガンバ×マンUの試合に対する後藤健生さんのコラムにはほんとその通りだと思った。
 ↓
【後藤健生コラム】悔しさを前面に出した西野朗監督の会見  そうだ、負けたチームに称賛は要らないのだ!

記者席で、会見場で感じた違和感がよく伝わってくる。記者席で悔しかったろうなぁ。そうか、僕は自分が悔しかったら前のようなエントリになったのだな、と気付いたのだった。。。JFA会長さんもきっと悔しかったんだろうな(笑)。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-12-23 01:55 | クラブWC

CWC準決勝 ガンバ大阪×マンチェスターUtd.

 これまたテレビ観戦。相変わらず日テレの中継がうざいので副音声で英語受信。

FIFAクラブワールドカップ 準決勝 2008/12/18
G大阪 3 - 5 マンチェスター・U (19:30/横浜/67,618人)
得点者:28' ヴィデッチ(マンチェスター・U)、44' クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・U)、74' 山崎 雅人(G大阪)、75' ウエイン・ルーニー(マンチェスター・U)、78' ダレン・フレッチャー(マンチェスター・U)、79' ウエイン・ルーニー(マンチェスター・U)、85' 遠藤 保仁(G大阪)、89' 橋本 英郎(G大阪)

 立ち上がりから様子見のマンU。たぶん体調も考えて慎重に入ったのだろう。対して全力で試合に入ったガンバ。この関係もあり、序盤はガンバペース。シュートを何本も撃ち込んでいて雰囲気はよかった。ただし決定的なシーンは遠藤の浮き球スルーに反応した播戸の1本だけ。これはファンデルサールがブロック。マンU最初のCKのとき、この身長差はやばいなと思ったが、最初は無難にやり過ごした。しかし2度目にはあっさり入れられた。ビリッチが進路を防ぐ山口の上からぶち込んだ。せめてジャンプして競って欲しかった。さらにロスタイムにもまたもCKから今度はロナウドに決められて2失点目。

 いずれもキッカーはライアンギグス。90年代のあの快速ドリブルはもう見られないが(あの頃のギグスは本当にすごかった!)、こうして正確なキックを活かしてゲームメイクで生き残ってるのだから感心する。もっともプレミアリーグでの出番は減ってるわけだが。

 後半もほとんど勝負あったかと思われた25分頃、テベスとルーニーが交代した一瞬のゆるみをついて山崎が一点返した。縦に縦に切れ目なくつないで隙を突いたナイスゴール。スタジアムが、特にガンバサポがにわかに活気付いて、よし来たと思わせたが、中澤聡太のまずい守備もありあっというまにルーニーに決められ突き放された。そのあとのフレッチャー、ルーニーの得点はすごい迫力だった。エブラのクロスも見事だったし、ボールが後ろにあって厳しいと思ったボールを強引へ前へ押し出して、藤ヶ谷の反応より先につま先で流し込んだルーニーのプレーも一流だった。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-12-18 23:50 | クラブWC

ACLはガンバが優勝

 おめでとさん。優勝っていいね。

11月12日(水) AFCチャンピオンズリーグ
アデレード 0 - 2 G大阪 (18:00/アデレード/17,000人)
得点者:4' ルーカス(FC東京G大阪)、15' ルーカス(FC東京G大阪)

 1st legを3-0としてほとんど優勝が決まったも同然でしたが、会社でガンバ2点先制を見てびっくりしました。この写真見るとやっぱ優勝っていいなぁと思った。

 それにしても12月のクラブワールドカップ、ガンバの対戦相手はワイタケレとアデレードの勝者ですよ。なんでまたこの組合せかなぁ。これじゃまたアデレードと試合になるんじゃないの?去年の浦和と一緒。ACLの決勝で倒した相手とまたやるわけ。違う山に組めばいいのに。

 いや、そうか、この山に組んでおけばマンUと当たる確立が高いということか。興行的にも「おいしい」わけだな、なるほど。アフリカ王者とやって負けたらスポンサー的にも困るし、まぁガンバファン(というか自分も)としても欧州王者か南米王者とやってほしいものね。ちょっと恣意的なものに気づきました(今さらかよ!)。

 CWCオフィシャル
f0017246_23365959.jpg

[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-11-12 23:42 | ACL

第31節 ガンバ×FC東京 つながった

 全く映像を見てません。昨日の夕方から今朝まで仕事だったのでJリーグタイムも見てない。家庭の事情で遠征は無理なので、次の神戸は吉祥寺HUBかケニーズには行きたいな。。。

11月8日(土) 2008 J1リーグ戦 第31節
G大阪 1 - 3 FC東京 (14:01/万博/13,515人)
得点者:20' カボレ(FC東京)、45' 石川直宏(FC東京)、62' 平山相太(FC東京)、66' ルーカス(FC東京G大阪)

 コメントが豊富だったのでオフィシャルをリンク。J's GOALはこちら

 ガンバがACL Final(s)の谷間ということで東京にとってわりとめぐり合わせのよいタイミングだったけど、それでもいろんな人のブログを読むと相当攻められてたみたい。スタッツではシュートは倍以上撃たれて、CKに至っては11倍(!)、ポゼッションはどっかでみたけど7-3くらいだった。それでも勝つんだからサッカーって不思議だな。効率よく得点したということでは、Awayの大宮戦みたいな感じだったんだろうか?

 とにかく前回も冒頭に書いたけど、「明日」へつながる勝利だ。この前の「明日」は未来という意味あいが大きかったけど、今回のはリアルにあと3試合に繋がる勝利。今日は新潟を応援しなくっちゃ。そんでもってラス前で当たるときには降格圏を脱してほっとした新潟と当たりたい。

 以下余談。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-11-09 15:19 | FC東京