タグ:天皇杯 ( 12 ) タグの人気記事

第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝!

 感動したぁぁ!!!おめでとう、ありがとう。

1月1日(日) 第91回天皇杯 決勝
京都 2 - 4 FC東京 (14:05/国立/41,974人)
得点者:13' 中山 博貴(京都)、15' 今野 泰幸(FC東京)、36' 森重 真人(FC東京)、42' ルーカス(FC東京)、66' ルーカス(FC東京)、71' 久保 裕也(京都)

 残念無念のテレビ観戦。アジアの国でテレビも見れなかった人を思うと良しとすべきか。でも試合後の表彰式を見て、ますますスタジアムにいないことが残念でならなかったよ。おまけに中継の途中で地震の放送に切り替わるし。「震度4くらいでガタガタ言うんじゃない!」と思いつつも、中継の映像が揺れててただことがじゃないのか!?と関西にいてちょっと心配になったりも・・・。

 試合展開はめまぐるしかった。圧倒的に右サイドを制圧し、開始3分でシュート3本の全力東京。攻めまくりのナオキレまくりで期待感と不安感が混じるなか失点。崩されていなくても決められてしまうことはある。それでも今日の選手たちはやるべきことを続けるハートの強さがあった。たくさんのCKをものにできない中、ショートコーナーから5人の選手が飛び込み、フリーの今野が技ありヘッドで同点。そんな展開でまだ前半15分。すごい試合。

 森重のシュートするブレ球で逆転、さらにルーカスがラッキーなゴール。どういう状況で抜け出したのかわからなかったが、動画を見たらやっぱり不思議なゴールだった(笑)。この3点目でめっちゃ楽に。それでも後半の長く感じたこと。カウンターから4点目(椋原の素晴らしいパス!)を獲って完全に気分が楽になったけれども、2点差になるとまた緊張感があった。でも選手が試合をしっかりコントロールしててよかったなぁ。

 ナビスコも嬉しかったけれど、J2を優勝して、天皇杯を獲れたのは格別。ただ単にタイトルを取れたうれしさではないなぁ。ACLにつながっているし、その先には世界とつながっているし、頭でわかっていても、実際にそういうことに挑戦する権利を得たということが実感として湧いてくると楽しみでしょうがない。

 シーズンの終わりがこんな素晴らしい形になるなんて、シーズン当初は思いもよらなかった。J2に落ちたことが無駄じゃなかったということを証明した選手とクラブには感謝。謙虚になれたことが一番よかったことなんだろな。体質を変えたいクラブはJ2へ行くのがいいかもしれません。今だから言えるけど。


 柏サポの先輩からお祝いメールをもらって、ACLの前にゼロックススーパーカップがあるのを思い出しました。3月頭にはいきなりJチャンピオン、世界4位の柏様と対決です。なんかすごいな(笑)。

 2012年3月3日(土) ゼロックス スーパーカップ 対柏@国立競技場(13:35キックオフ)
 2012年3月6日(火) ACL Groupe Stage BRISBANE ROAR (AUS) @Suncorp Stadium
 2012年3月10日(土) J1リーグ開幕戦


 いきなり全快のめちゃくちゃ厳しいスケジュール。これが王者の務めなんですね。いやーすげー。サポも心の準備をしなければなりません。監督が変わるのに、チームの始動からすぐに結果を求められる展開です。妻はすっかりブリスベンに行く気まんまん。昨年J2で一度もアウェイ(除くダービー)に行ってないのにすみません(笑)。


 最後になりましたが、大熊監督が作ったチームはガッツのあるチームでした。ありがとうございました。この良き流れを選手が忘れずに、新しい監督が上乗せしていってくれれば良いチーム、クラブの伝統になっていくのでしょう。そのような良い流れを期待せずにいられません。


2012年のスケジュール
 2012Jリーグ年間日程 (J.LEAGUE)
 ACL Schedule Groupe F (AFC)

1 06 March 2012 BRISBANE ROAR (AUS)-*KNOCK-OUT CUP WINNER (JPN)Suncorp Stadium
1 06 March 2012 ULSAN HYUNDAI (KOR)-BEIJING GUOAN (CHN)Ulsan Munsu Football Stadium
2 20 March 2012 *KNOCK-OUT CUP WINNER (JPN)-ULSAN HYUNDAI (KOR)
2 20 March 2012 BEIJING GUOAN (CHN)-BRISBANE ROAR (AUS)Beijing Workers Stadium
3 04 April 2012 ULSAN HYUNDAI (KOR)-BRISBANE ROAR (AUS)Ulsan Munsu Football Stadium
3 04 April 2012 BEIJING GUOAN (CHN)-*KNOCK-OUT CUP WINNER (JPN)Beijing Workers Stadium
4 17 April 2012 BRISBANE ROAR (AUS)-ULSAN HYUNDAI (KOR)Suncorp Stadium
4 17 April 2012 *KNOCK-OUT CUP WINNER (JPN)-BEIJING GUOAN (CHN)
5 02 May 2012 *KNOCK-OUT CUP WINNER (JPN)-BRISBANE ROAR (AUS)
5 02 May 2012 BEIJING GUOAN (CHN)-ULSAN HYUNDAI (KOR)Beijing Workers Stadium
6 16 May 2012 BRISBANE ROAR (AUS)-BEIJING GUOAN (CHN)Suncorp Stadium
6 16 May 2012 ULSAN HYUNDAI (KOR)-*KNOCK-OUT CUP WINNER (JPN)Ulsan Munsu Football Stadium



記念のリンク
 FC Tokyo book ACL ticket (AFC)
 第91回 天皇杯全日本サッカー選手権 特集 (J's GOAL)
 Match No.87 決勝戦 京都サンガF.C. vs FC東京 (JFA)
 トーナメント表 (JFA)
 天皇杯動画ハイライト (NHK)
 You Tube「FC東京チャンネル」・・・「天皇杯優勝・ACL出場権獲得報告会」動画配信
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-01-02 01:11 | FC東京

天皇杯準決勝 突破!

 録画観戦。

12月29日(木) 第91回天皇杯 準決勝
FC東京 1 - 0 C大阪 (13:05/長居/11,982人)
得点者:77' 谷澤達也(FC東京)

 内容的にもセレッソと互角以上だった。谷澤のゴールにびっくり。本人も周囲も見てる我々以上にびっくりしてたみたいでほほえましい(ペナの外から入ったことなかっただなんて(笑))。選手のコメントも充実感が漂っているが、すべての選手が堂々と戦っていて、自分たちの良さを存分に発揮できた試合だった。これがコンスタントに出せれば来年も楽しみだ。J2なのにすごいとか言うのは周りだけで、この内容を見る限り全然関係ない。セレッソの選手も認めているように、東京が技術も試合運びも一枚上手だった。

 石川のキレはすさまじく(自身のブログでも調子がいいとあったけれどもすごかった)、梶山も良いときの、それもものすごく良いときの梶山で、両CBはもちろん、徳永も圧倒的な存在感だった。ルーカスは前線でタメとアクセントを作ってくれて、シュートも狙うし、羽生はいつもどおりだし、谷澤の力強さもリーグ戦と変わらず輝いていた。(みんながあまりにも良いだけに、椋原の攻撃やパスの物足りなさがとても目立っていたが)。

 決勝の相手はなんと京都。リーグの後半ですさまじく勝ちまくっていたが、ここまで勢いが本物だとは正直びっくり。今期は2試合とも勝ったけれども、味スタで先制されたときの鮮やかなカウンターは記憶に新しい。中2日でタフな試合になるけれど、決勝に強い東京だからきっとやってくれるはず。勝ったら昇格初年度にACL。すごいな、というか大丈夫か!?(笑) J2の試合の中では現実味のなかった「世界目指して」のチャントが、ここに来て意味をもってくるなんてほんとに素晴らしいな。

 決勝は遠くからテレビ観戦。信じてます。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-12-29 23:47 | FC東京

第91回天皇杯 2回戦 FC東京 vs 鹿児島

 まったり父娘観戦。

10月8日(土) 第91回天皇杯 2回戦
FC東京 4 - 0 鹿児島 (13:00/味スタ/5,301人)
得点者:14' 谷澤 達也(FC東京)、30' 森重 真人(FC東京)、76' ルーカス(FC東京)、90' 谷澤 達也(FC東京)

 この日は観客が少なくてのんびりできるだろう、ということで一日面倒を見なければならない娘を連れて味スタへ行きました。行く前に近所の幼稚園の運動会でもらった折り紙が大活躍し、後半43分まで試合を見ることができました。ヤザーの2点目のゴラッソは帰ってから録画を見て確認。現場で見れなくて残念でした。録画で非常に清々しい鹿児島の選手や東京の選手の挨拶と拍手とコールを見て、天皇杯っていいな、と思いました。

 今日は珍しく写真で。(適当に)

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-10-10 00:23 | FC東京

天皇杯準決勝 鹿島×FC東京 シーズン終了

f0017246_5244434.jpg 1年間おつかれさまでした。

12月29日(水) 第90回天皇杯準決勝
鹿島 2 - 1 FC東京 (15:00/国立/25,120人)
得点者:39' 平山相太(FC東京)、67' 大迫勇也(鹿島)、120'+1 興梠慎三(鹿島)

 あけましておめでとうございます。2010年のうちに書く時間が全くなかったので、年明けになってしまいました。新年もこんな調子で続けていきます。

 29日は午後休暇を取得して国立で観戦。すごく前のことのように感じるのは、29日の試合後が濃かったのと、30日に出勤して退社後すぐに実家へクルマで移動して大晦日を迎えたから(20時過ぎに出て、4時前に到着。東名は混みまくりだし、名古屋は濃霧だし、眠いし、で非常に疲れた)。試合を向かえる前はなんの根拠もなくこの試合は勝つに違いないと思い込んでいただけに、試合のあとはしばらく茫然としていたけれど、その後リフレッシュすることができたので助かった感じだった。

 僕はこの試合で後藤さんが書くほど「スキルの差」は感じなかった。それよりもチームとして組織され、整理されているものの差を感じた。クラブに貫かれている哲学というか、もっと平たく言えばサッカースタイルの確立に差を感じた。きっちりとした基礎があるから調子が悪くても結果を出す、そんな強さを鹿島に感じた。たとえば、ボールを持ったら裏を狙う&前の選手は縦に走るとか、ワンタッチでパスをつなげる距離に選手がいるとか、時間が掛かったら素早くワイドにポジションをとるとか、延長ロスタイムでも放り込まずにボールを回す落ち着きだとか。

f0017246_5253740.jpg 勝つチャンス(後半の平山のヘディングシュート)はあったし、あっさり負ける可能性(試合開始直後の権田のビッグセーブ)もあった。J2に落ちた今のチームでここまでやったのだから良しとしなくちゃならないんだろう。けど、もっとやれるメンバーなのに、というのがやっぱり本音だ。

 それでも時は進む。ありがたいことに終戦とともに年が明けた。これほど切り替えやすいことはない。選手の異動が活発になってきて、ヨングン・松下が去ってしまった。若手のローンも噂されている。J2で迎える2011年はチーム・クラブを変革する絶好の機会だ。クラブから発せられるメッセージは1年でJ1に戻ることだけしか聞こえてこないが、それだけではダメ。もちろん勝ち続けることによって変わってくることもあるに違いない。5年後、10年後に2011年を振り返って、FC東京はあの年をきっかけに名実ともに首都のクラブになっていった、と言われるような年になることを願っているし、自分にできることを少しでもやっていきたい。

 シーズン前に宣言した、後輩や仲間をスタジアムに連れて行くという公約は達成できました。それ以上の成果もありました。2010年シーズン、リーグ戦の勝利を1度も見れなかった後輩がSOCIOになります。今年もまた、自分にできることを考えていきたいと思います。

 今年はみんなでよい年にしましょう!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-01-01 05:28 | FC東京

天皇杯3回戦 FC東京×草津 平山頑張った!

 BS1でテレビ観戦。

第89回天皇杯 3回戦 2009年11月11日(水) 19:00キックオフ @長崎県
FC東京 3 - 2 ザスパ草津
32' 佐原 秀樹(東京)、57' 都倉 賢(草津)、63' 中村 北斗(東京)、76' 平山 相太(東京)、81' 高田 保則(草津)

 東京は半分以上の選手が入れ替え。GK権田→塩田、CB今野→佐原、左SB徳永→平松、MF梶山→浅利、MF鈴木→田邉、FW赤嶺→近藤。どんなに選手が入れ替わっても変わらない試合ができるのが東京、とはいかない試合だった。そりゃあこれだけ入れ替われば仕方ない。おまけに交代して入る前と後の選手の特徴がこれほど劇的に違うのだから。城福監督の好みがよくわかって面白い。鈴木と田邉だけ逆だが、交代前の選手の方がボールをキープできドリブルができる選手だ。

 ということで試合の流れと得点シーンを中心にメモ。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-11-11 22:20 | FC東京

2回戦 FC東京×カマタマーレ讃岐 めずらしく余裕の勝利

 珍しく天皇杯初戦を軽やかに突破。

10月11日(日) 第89回天皇杯2回戦
FC東京 4 - 0 カマタマーレ讃岐 (15:00/味スタ/7,203人)
得点者:10' 梶山 陽平(FC東京)、16' 鈴木 達也(FC東京)、35' ブルーノ クアドロス(FC東京)、42' 赤嶺 真吾(FC東京)

 実はこの試合があるのに気づいたのが先週の半ばでちょっとたるんだサポになっていて軽く反省(笑)。この日は天気がいいこともあり、カミさんとこどもと3人でスタジアムへ出動。ちょい早めに出て、味スタ横の公園でオニギリ食べたり、こどもを放牧したりして良い休日となりました。

 あとは適当な感想と珍しく写真で書き散らし。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-10-14 00:11 | 天皇杯

天皇杯決勝 ガンバ大阪×柏 ACL予選終了

 あけましておめでとうございます。
 準決勝の前にチケット買ってしまってたもんで行ってきました。

1月1日(木) 第88回天皇杯決勝
G大阪 1 - 0 柏 (14:00/国立/44,066人)
得点者:116' 播戸竜二(G大阪)


 今シーズン最後の試合、天皇杯決勝。この天皇杯初めての参加が決勝で東京がいない。トホホ。。。天気が良くて風がなければ温かいくらいのコンディションだったが、スタジアムコンコースで緩衝地帯のゲートが開くのをずっと待っていたので体が冷えきった。キックオフ前の整列には門が開いてなんとかキックオフには間に合った。

 どんだけガンバが疲れてるんだろうかと思ったが、案の定試合序盤は柏ペース。最初の20分弱は圧倒的な柏ペースだった。ガンバのコンディションは見るからに悪そうだったけど、メンタルは燃え尽きてない感じで、守備陣はなんとなく余裕っぽくも見えるような感じだった。

 前半20分を過ぎるとガンバが次第にペースを握るから面白い。パスとかメチャクチャ正確だし、慌てない。圧倒するようなスピードがなくても相手の逆をとりながら、確実に次につながるパスを紡いでいくとしっかりとゴール前までいけるんだということがわかった。柏も序盤に飛ばしすぎたせいか押し込まれる時間帯が多くなった。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-01-02 01:02 | 天皇杯

天皇杯準決勝 FC東京×柏

 仕事につき、結果をシャットアウトして録画観戦。

12月29日(月) 第88回天皇杯準決勝
FC東京 1 - 2 柏 (13:06/エコパ/12,458人)
得点者:31' 鈴木 達也(FC東京)、68' フランサ(柏)、88' 李 忠成(柏)

 会社からカミさんに電話をして、忘れていた録画を頼む。延長を考慮して13時から3時間でお願いする。帰ってみたら録画は2時間。延長がないことを理解する。(いや、実はその前に会社で後輩から情報遮断中ですか?の社内メールが15時前に来ていて、延長がなかったんだろうということは薄々感じていた)。観戦スタート。

 東京は東京らしく決勝への強い思いを感じさせる試合内容だった。それに青赤ファンの数凄い!塩田のビッグセーブがあったり、柏の嫌なFKが続いたりしたが、達也がミドルシュートを決めたときは熱かった(扇谷主審とのコラボ写真は記念だ)。中に入っても仕事ができるんだ、達也。僕は彼のプレーの一部しか知らなかったことがわかった。今野(?)の右を駆け上がったおとりの動きも最高だった。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-12-30 00:31 | FC東京

天皇杯5回戦 FC東京×新潟 2点差から逆転

 試合を観てません。2点差から3点とって大逆転。BS1でダイジェストだけ見ました。

11月15日(土) 第88回天皇杯5回戦
新潟 2 - 3 FC東京 (13:00/とりスタ/3,211人)
得点者:6' マルシオリシャルデス(新潟)、21' 千葉 和彦(新潟)、31' エメルソン(FC東京)、53' 赤嶺 真吾(FC東京)、62' 梶山 陽平(FC東京)

 ナオの怪我が心配。今日も相変わらずキレてたみたいだし(アシストもしてる)。打撲だけみたいだけど、監督会見読むと悪質なファウルだったみたいだ。そんでもって、モニも怪我で交代かぁ。この時期にやっぱりどこのチームも厳しいよな。

 そんな中、明るい話題も豊富にあった模様。前半は左サイドカボレ偏重の攻撃の裏をとられたとのことで、これは来週からのリーグ戦である程度対処療法を考えることができる。良いきっかけを新潟が与えてくれたと思いたい。それから久々先発の赤嶺ゴール。やっぱりストライカーは点とってリズムが出るだろうしいい傾向。あとは梶山の左足ゴール見た記憶がないなぁ(笑)。浄からのアシストだった。浄の怪我も癒えたか?梶山があそこに入ってきてたというのがエライぞ。

 BS1では2試合やってたがともにJ2のチームが勝利。鳥栖にやられた神戸とは来週リーグ戦で当たる。あれを見る限りいける。とにかくディフェンスが緩かった。ワンタッチでどんどんつなげば絶対隙間ができるのでムービングで崩して勝利を。あとはピッチをワイドに使って。当然フリーランニングも重要。鳥栖の選手はよく走っていた。

 ナオやモニが出られなくてもそこは他の選手がカバーしよう。上位のチームでレギュラークラス全員が怪我のないチームはないだろう。ここはまさにチーム力が試される。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-11-16 00:12 | 天皇杯

天皇杯 東京×広島 2007終戦

 BS1で観戦。エコパに行こうと密かに決めていたのに。。。

12月23日(日) 第87回天皇杯準々決勝
東京 0 - 2 広島 (15:00/熊本/5,148人)
得点者:13' 柏木陽介(広島)、37' 駒野友一(広島)

※リンクはpdf

 アマチュアとJ2相手とはいえ、勝ち進んでいたし、今回も来年J2のチームが相手だったので、根拠なく「次にいける」と思っていたが、結局今期の東京らしい敗戦で、2007年が終わってしまった。

 最初の失点は、ボールに人が集まるが、縦パスを通され、フリーで前を向いた選手からFWへパスが通され、落としたところを2列目から飛び込まれた。2失点目は足の速い藤山が前へ出たところからカウンターを食らった。開幕を思い出してしまう失点だった。

 後半は怒涛の攻撃で、気持ちは見えていたし、相手陣内深くまで入りこめていて気持ちだけではなく、色んな工夫も凝らしていた。でも結局今年の東京らしく、あと一歩で点が獲れなかった。あれだけ守られれば仕方がないし、前半に2点獲られたのがすべてだった。攻め込みまくっていて、後半の頭から飛ばしていたので後半30分にはもはや燃料は空っぽだった。今野でさえもしんどそうだった。

(続きを読む)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2007-12-24 18:22 | FC東京