タグ:経済 ( 16 ) タグの人気記事

『ブラック・スワン』 ナシーム・ニコラス・タレブ

 タイトルも秀逸だが、著者の主張に同意。

4478001251ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質
ナシーム・ニコラス・タレブ 望月 衛
ダイヤモンド社 2009-06-19



 ブラック・スワンとはまずあり得ない事象のこと。「黒い白鳥」と日本語で書くと自己矛盾していてなんだかおかしな感じだが、「ブラック・スワン」だと意味がわかりやすい。本の冒頭に「オーストラリアが発見されるまで、旧世界の人たちは白鳥と言えばすべて白いものだと信じて疑わなかった」とある。何千年にもわたって白鳥は白いものだ観察されてきたが、たった一つの観察結果でそれを覆されてしまった。それが黒い白鳥。黒い白鳥とは予測できないこと、非常に強い衝撃を与えること、そしていったん起こってしまうと、いかにもそれらしい説明がでっち上げられ、実際よりも偶然には見えなくなったり、あらかじめわかっていたように思えたりすること。9・11もグーグルの成功も黒い白鳥だと。

 以上が表紙の袖に書かれている説明と冒頭の文。これがこの本の言いたいことを端的に表している。僕はこれを読んでこの本に非常に強い興味を持った。読んでみて面白かった。ただ著者の癖のある書き方に訳者(『ヤバい経済学』の訳者)が苦労した感があった。また、哲学的な話だったり、否定が連続で出てくる表現があったり、僕の苦手な数学の話も出てくるので読むのに苦労した。でも著者の言っていることにすごく同意できたし、腑に落ちた。著者がディーラーであっただけに、ポートフォリオ理論のことやそういう経済学者を徹底的に叩いているところは気持ちよかった。

 あと、「訳者あとがき」で著者タレブの学界でのポジションや、やり合い(攻め合い)がわかっておもしろい。

 以下メモ。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-07-23 23:36 |

『日本でいちばん大切にしたい会社』 坂本光司

 いやーええ本やー。ぐっときます。熱いです。俺はこういう本が好きだ。

4860632486日本でいちばん大切にしたい会社
あさ出版 2008-03-21



 ベストセラーになってて読みたい読みたいと思ってた本。このご時世だから売れたのだと思うのだが、それだけではなく良い内容だった。良い内容というのは、本に書かれていることが素晴らしいのではなく、素晴らしい会社を紹介するという試みを著者と出版社がしていることへの称賛。そんでもって「くっそー」と思った。こういう哲学のある会社だったら移りたいと思った。うちの会社とはまったく違うぜよorz。

 本の形態としては、第1部「会社は誰のために?」では著者の考える会社経営の考え方を説き、第2部では本の題名のとおり「日本でいちばん大切にしたい会社たち」を紹介している。第1部の内容を簡単にいえば、アメリカ型資本主義に対して真っ向から反対する意見で、よく言われる「会社は株主のもの」がいかに間違っているかというのを説いている。誰に説いているかと言えば経営者たちに対して説いている。経営者がやるべきこと、優先すべきことを第1部では説いているのだ。で、第2部ではそれを実践してして利益を出している会社を紹介している。

 それでは、以下著者のいう経営者が考えるべき内容とその他メモ。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-05-20 22:30 |

『新しい資本主義』 原丈人

 まとめですね、これは。

4569708323新しい資本主義 (PHP新書)
PHP研究所 2009-04-16



 『21世紀の国富論』の続編チックな本。新書なんで読みやすい。

 この本は、これまで原丈人氏が言ってきたこと(彼が中米で考古学をした後に資金をためるために勉強しようということでスタンフォード大へ行ったり、そこでベンチャーキャピタルというものを知って、デフタ・パートナーズを立ち上げたり、ポリコム(会社のテレビ会議機器はこれだ!)を育てたんだよっていうのがあったり、これからの世の中はこうすべきだよ、日本はこうやって次期産業を育成していくべきだよ)がまとめられている本。

 はっきり言って、『21世紀の国富論』のメモに書いた「ほぼ日」のページを読めば事足りる。

 この本に書かれていてもっとも興味深かったのは、これからは「ポストコンピュータの時代」ということだった。産業の広がり方を見てもコンピュータの進化を産業とするのではなくて次の産業の種を撒いていって、その次の産業の中心地が日本にしていかなくてはいけないんだということ。

 「なるほど感」は非常にあった。ポストコンピュータに何が来るかわからないが、それに対してどんどん種を撒いていって10年20年後の日本、もっと先の日本を明るくしたいということらしい。孫さんの熱い志が原さんとつながったら面白いんじゃないかと思った。外野の感想というか希望に過ぎないけど。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-05-20 00:02 |

『クルマは家電量販店で買え!』 吉本佳生

『スタバではグランデを買え!』の続編。

4478007519クルマは家電量販店で買え!―価格と生活の経済学
ダイヤモンド社 2008-11-08



 軽自動車とコンパクトカーはどちらがお得かから始まり、いろんな価格の比較や価格が付けられている理由を経済学的に説明している。読み物としておもしろいのですいすい読めるし、へーなるほどとその業界でしか知らないようなことが書かれているのは興味深い。たとえば競合企業が不幸な値下げ競争を止められない理由(囚人のジレンマにより説明)であるとか、大学の授業料がどんどん高くなっていっていることの不思議さであるとか。

 ただ解せない点もある。モノの値段が下がっていってるのは、ただ単に企業がチキンレースをしているだけではなく、世の中的にモノの値段が下がらざるを得ない理由が構造的(経済のグローバル化による、より安いものの輸入であるとか)に存在するという部分も大きく、この本の中に書かれていることだけでは成り立たない。まぁ、ひとつの考え方(ツール)としてこの本を活用できればいいんじゃないだろうか。この本にすべてを見ようとしたり、見たつもりになっては(当然)いけない。ツールという意味ではオークションにおける「勝者の呪い」とか、セカンドプライスオークションとか知らないこともいくつかあったのでその点は勉強になった(勉強ってほどじゃないか。「へーそー」ってレベルか)。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-04-22 23:57 |

『資本主義はなぜ自壊したのか』 中谷 巌

  なんか?な本

479767184X資本主義はなぜ自壊したのか 「日本」再生への提言
集英社 2008-12-15



 Amazonのコメントが秀逸なのでこちらで書くまでもないかと。
 読みながら極端だなぁと感じ、参考文献で出てくるような本や、本文で引用されている本が最近の自分が読んだような本だから、より信憑性がない(笑)。

 『グリーン革命』のパクリのようなところもあってさらに胡散臭い。まさに「売れている本が良書ではない」の典型か。どうしてこの人はこんな地位にまで上り詰められたのか、そちらの方が知りたかったりする(笑)。

 そんな中、最後の参考文献にあって読んでみたいとおもった本。
 河合隼雄『文明の生態史観』(中公文庫)、『中空構造 日本の深層』(中公文庫)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-12-27 03:05 |

『グリーン革命』 トーマス・フリードマン

 『フラット化する社会』のトーマス・フリードマン著。訳者も同じ。

4532314410グリーン革命(上)
伏見 威蕃
日本経済新聞出版社 2009-03-20



 原題はHot,Flat,Crowdedで、温暖化、フラット化、人口過密化の意味。ということで『フラット化する世界』とも結構関連したりしている。ただ、この本は圧倒的に地球温暖化について書かれていて、この本を読むととにかく恐ろしくなるし、地球にいい事をしないとほんとにこのままじゃやばいぞ、という気にさせられる。

 とにかく温暖化。温暖化はもう抜き差しならないところまできているんだぞ、ということをいろんな角度からまずは見せつける。単純な私なんかは物事を見るときに地球温暖化の観点からそれはどうなんだという感じでしばらくは世の中を眺めていた(もちろん今も意識は残っている)。

 映画「不都合な真実」は見ていないし、本も読んでいないのでそこで描かれていた恐ろしさをしらないのだが、たぶんそれともシンクロするように書かれているものなのだろうと容易に想像がつく。『グリーン革命』では、明らかにアメリカ人に向けて語られており、この地球温暖化を防ぐために今こそ主導的な立場に立てと提案しているものだ。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-09-14 23:05 |

『バブルの物語』 ジョン・ケネス・ガルブレイス

 歴代のバブルの話が集められた小エッセイ集。著者は『大恐慌1929』のガルブレイス。昨年のクラッシュを受けての1991年版の再版。

4478007926新版 バブルの物語
鈴木 哲太郎
ダイヤモンド社 2008-12-19



 1630年代のチューリップ狂@オランダ、1720年のジョン・ロー@パリ、1720年のサウスシーバブル@ロンドン、1800年代のアメリカ、1929年の大恐慌、1987年の暴落、1990年の東京などがちりばめられている。

 バブルは資本主義に組み込まれているものなので、これからも何度も起こるだろうというのが著者の見解なのだが、これまでの歴史を見る限りこれは間違いないのだろう。またレバレッジと呼ばれている投資手法は大昔からあり、チューリップ狂の時代にも「てこ」は利用されていた。いつの時代も「てこ」によってバブルが発生していることがわかった。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-08-09 04:31 |

『サブプライム後の新運用資産』 中原圭介

 題名を見てうさんくせー(笑)と思って読んだらやっぱりうさんくさかったw

4894513102サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践
中原 圭介
フォレスト出版 2008-07-18



 最初の方はまともな内容でスタート。例えば、①LTCM破綻に代表されるように金融工学は役に立たない、②国際分散投資、長期資産運用は弱点がある(世界のマネーの連動性が高まっていて)、なんてことが書かれている。ごもっとも。まぁ②なんてのは弱点なんてどんな方法でもあるわけだから、これを取り立てて言うのもどうかと思うのだが、実際はデカップリング論は収縮している。ただし、今年に入ってからの株式市場の動きはエマージング国と先進国とで大きな差が出てきているのはご存知のとおり。なので100%否定されるものでもない。あと投資信託で国際分散型を買うと中身が見えないというのと、個人で管理するのが大変、みたいなのがあってこれはどうなのかなぁと思ったが、ま、ここまではOK。

 問題は、ではどういう投資をすればいいのかということを書いているところ。

 新金融リテラシー「捉利」の実践という。これは世界経済の流れに乗ろうというものらしい。そんなことできてたら苦労せんは!というツッコミが自動的に入る。上がり始めるときに株を買って、下がり始めるときに株を売りましょう、と。そりゃそうだろ(笑)。そしてそれらは日銀短観他いろんな指標を丹念に見てればわかります、というのだ。ありえん!そもそも前段で国際投資の管理は大変とか言ってる人間が、どうして各種指標を都度チェックして、それを利して波に乗れるのかがわからないし、ましてや私は無理です(笑)。そんなにマメにチェックできないし、ましてや自分の判断が怖くてできない。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-05-04 01:04 |

『行動経済学』 友野典男

 行動経済学の入門書。途中から理論がいっぱい出てきたのでそこからは斜め読み。

4334033547行動経済学 経済は「感情」で動いている (光文社新書)
友野 典男
光文社 2006-05-17



 「効率的市場仮説」に対するアンチテーゼ。そもそも効率的市場といいつつ「仮説」ってぐらいだから仮説にすぎないわけなので、反論してもなぁという気もするのだが、この本はとにかく投資を行う人間がいかに矛盾に満ち満ちているかを、行動経済学のいろんな方面から暴いていく。冒頭に入門書と書いたが、ここではテーマごとにいろいろ書かれているのだが、途中から読むのがめんどくさくなってきて(笑)、「要は全然論理的な判断を下してないんでしょ、人間は。そんでもって株価の動きとかも極めて感情的なんでしょ?」という理解で終わってしまった。(だいたいあってる?)

 経済学が規定している「人」というのは論理的であり、一切非論理的な行動をとらないことになっている(数式で表そうとするためそうなる)が、そもそもそんな人間なんて少ないんですよというのがおもしろかった。まぁたしかにそうだ。しょっぱなに書かれているこの説明が、実はこの本の、というか行動経済学のエッセンスじゃないだろうか。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-04-16 23:40 |

『資本主義は嫌いですか』 竹森俊平

 う~ん、イマイチ。期待が高かっただけにがっかり。

4532353262資本主義は嫌いですか―それでもマネーは世界を動かす
竹森 俊平
日本経済新聞出版社 2008-09



 昨年の9月が初版の本。当然2008年のサブプライム・ショックをネタにタイムリーに脱稿したつもりなのだろうが、実際はこの直後の10月にリーマン・ショックがやってきた。それ以前の流れは実は前段に過ぎなかったということを知っている「未来」にいる自分からすると、「やっちまったなー(笑)」という感じのする本だ。

 そもそも、竹森氏の本は『1997年-世界を変えた金融危機』を読んでいて、その後『世界デフレは三度来る』の上巻まで読んでいたので(下巻はつまらなくなってやめた)、それなりに今回の本も期待していた。どっかで評価もよかったので。

 しかし蓋を明けてみると、先の2冊より仕事が大雑把というか、自分にとっては興味が湧きにくい内容がならんでいた。第1部では世界中の住宅バブルを題材に、なぜ起こったのかどうだったのか、という様なことを書いているが、ご自身の理論というよりもあちこちから引用しているだけ。第2部も学会では3年前からバブルって言われてましたよ、という様なことを書いているのだが、これもご自身が行かれてない学会の議事録から引用しまくって要約しているだけ(新聞かよって感じ)。第3部は流動性とはなんぞやというところから話を膨らましているのだが、なんかまとまりがない。つまり、いろんなところで言われていることを解説してあげましょう的な本なのだ。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-04-12 00:20 |