タグ:2010 FC東京 ( 53 ) タグの人気記事

天皇杯準決勝 鹿島×FC東京 シーズン終了

f0017246_5244434.jpg 1年間おつかれさまでした。

12月29日(水) 第90回天皇杯準決勝
鹿島 2 - 1 FC東京 (15:00/国立/25,120人)
得点者:39' 平山相太(FC東京)、67' 大迫勇也(鹿島)、120'+1 興梠慎三(鹿島)

 あけましておめでとうございます。2010年のうちに書く時間が全くなかったので、年明けになってしまいました。新年もこんな調子で続けていきます。

 29日は午後休暇を取得して国立で観戦。すごく前のことのように感じるのは、29日の試合後が濃かったのと、30日に出勤して退社後すぐに実家へクルマで移動して大晦日を迎えたから(20時過ぎに出て、4時前に到着。東名は混みまくりだし、名古屋は濃霧だし、眠いし、で非常に疲れた)。試合を向かえる前はなんの根拠もなくこの試合は勝つに違いないと思い込んでいただけに、試合のあとはしばらく茫然としていたけれど、その後リフレッシュすることができたので助かった感じだった。

 僕はこの試合で後藤さんが書くほど「スキルの差」は感じなかった。それよりもチームとして組織され、整理されているものの差を感じた。クラブに貫かれている哲学というか、もっと平たく言えばサッカースタイルの確立に差を感じた。きっちりとした基礎があるから調子が悪くても結果を出す、そんな強さを鹿島に感じた。たとえば、ボールを持ったら裏を狙う&前の選手は縦に走るとか、ワンタッチでパスをつなげる距離に選手がいるとか、時間が掛かったら素早くワイドにポジションをとるとか、延長ロスタイムでも放り込まずにボールを回す落ち着きだとか。

f0017246_5253740.jpg 勝つチャンス(後半の平山のヘディングシュート)はあったし、あっさり負ける可能性(試合開始直後の権田のビッグセーブ)もあった。J2に落ちた今のチームでここまでやったのだから良しとしなくちゃならないんだろう。けど、もっとやれるメンバーなのに、というのがやっぱり本音だ。

 それでも時は進む。ありがたいことに終戦とともに年が明けた。これほど切り替えやすいことはない。選手の異動が活発になってきて、ヨングン・松下が去ってしまった。若手のローンも噂されている。J2で迎える2011年はチーム・クラブを変革する絶好の機会だ。クラブから発せられるメッセージは1年でJ1に戻ることだけしか聞こえてこないが、それだけではダメ。もちろん勝ち続けることによって変わってくることもあるに違いない。5年後、10年後に2011年を振り返って、FC東京はあの年をきっかけに名実ともに首都のクラブになっていった、と言われるような年になることを願っているし、自分にできることを少しでもやっていきたい。

 シーズン前に宣言した、後輩や仲間をスタジアムに連れて行くという公約は達成できました。それ以上の成果もありました。2010年シーズン、リーグ戦の勝利を1度も見れなかった後輩がSOCIOになります。今年もまた、自分にできることを考えていきたいと思います。

 今年はみんなでよい年にしましょう!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-01-01 05:28 | FC東京

天皇杯準々決勝 FC東京×福岡 今季最高の試合

f0017246_23444248.jpg 熊谷、超寒かった。内容よりもとにかく結果が大事、ということで(個人的に)今季最高!

12月25日(土) 第90回天皇杯準々決勝
福岡 2 - 3 FC東京 (15:00/熊谷陸/6,553人)
得点者:13' 大久保哲哉(福岡)、90'+3 石川直宏(FC東京)、94' 平山相太(FC東京)、98' 石川直宏(FC東京)、116' 丹羽大輝(福岡)

 あの京都戦から3週間。試合がない週末は寂しかったので、久々に東京が見れるだけで楽しみだった。この試合はいつもの仲間2人に、ロンドン駐在から一時帰国中の夫妻を交えての観戦。2年ぶりに東京の勝利を見れてよかったね!

 それにしてもなぜ熊谷なんだろう。福岡サポにとっては大変すぎるだろうと思うし、こんなところでやっても結局6500人ほどしか集まらないんだから、開催地の選定に疑問が残る。だって熊谷なんて大宮か浦和のファンしかいないでしょうに(帰りに栃木のシールを貼った栃木ナンバーのクルマを見たけど)。誰のためにここにしてるのかまったくわからん。それにしても熊谷がこんなに群馬よりだとは知らなかった。クルマを走らせていて雪化粧した山が見えたときにはびっくりした。

f0017246_234795.jpg 試合は東京らしく(?)失点してスタート。序盤はボールを回せてリズムが作れた。エンジンが掛かってきて攻撃に厚みを出して前掛かりになったところで、裏をとられてあっさり失点。リズムが良くなってきたところだっただけに、不用意な失点だった。今季の東京を象徴しているようないやな展開だった。そのあと点が入らないのも「らしかった」。またリズムも悪くなって、前に急ぎ過ぎたり、一発で裏を狙いすぎたり、焦ってたわけじゃないのだろうけど、五分五分ではなく、先制してちょっと落ち着いて構えている相手にあまり効果的でないプレーが続いた感じの前半だった。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-12-26 23:54 | FC東京

『名波浩対談集』、と梶山の移籍話

 ちょうど梶山の移籍希望記事が出てたので。

4087805697名波浩対談集~日本サッカーが勝つためにすべきこと
名波 浩
集英社 2010-05-25



 読んだ本についてはまだ書いてないバックログがあるのだが、ちょうど梶山来夏移籍希望の記事があったので、この本のことを先に触れておこうと思う。

 この本はスポルティーバで連載されていたものを本にまとめたもので、名波浩が好きな選手に対談しに行くというもの。ワールドカップ前までの対談集だが、私が読んだのは11月。やべっちFCなんかを見てても話が上手な人なので、サッカーのミクロな話しなんかも対談相手と交わしており、名波ならではのインタビューに仕上がっていてなかなか面白い。

 どの選手との対談を読んでも面白いのだが、もっとも興味があったのはもちろんFC東京の選手。この本には今野と梶山が登場している。今野は2010年のリーグ開幕直前。開幕前の希望にあふれた感じが文面からも伝わってくる。今野の夢はリーグでの優勝。だんだんチームとして良くなっているというようなことが書かれているのだが、今となっては。。。その今野は海外移籍よりもJリーグで優勝したいということを書いていた。J2じゃなくてJ1で一緒に優勝の喜びを味わたいぞ。

 で、梶山。インタビューは2009年の11月末。名波の評価も相当なもので、それだけに1年通して活躍したシーズンがない、という厳しい突っ込みもあり、それだけ期待してよく見てるんだなぁ、ということがわかった。前めのポジションよりもボランチがやりやすい理由として、ボールに触りたいので、前にいると我慢できずに下がってきてしまうところを告白していた。インタビューの中でも海外移籍志望はハッキリと書かれていたので、今日の記事に唐突感は感じつつも大きな驚きはなかった。でもねぇ、このタイミングに言わなくても。天皇杯もまだあるわけだし。。。当然行けば応援したいけど、なんだか複雑な気分である。チームをJ1に上げてから行ってもらいたいものだけど、ヨーロッパでやるには夏に移籍するのが良いのは決まっている。だけどなぁ。。。梶山は海外で活躍できるだろうか。今のままでは足りない気がする。点を獲れるようにならないとすぐ戻ってくるような気がしてならない。下位クラブに行くと名波や小笠原のイタリア挑戦を思い出してしまう。果たしてどんなクラブが彼を獲ろうとしてるのだろうか。梶山のスタイルからして行くクラブで大きく成否が分かれることだろう。もしくは本田のように自分を変えないと。行くなら絶対成功してほしいし。でも行くタイミングは・・・以下無限ループ(苦笑)。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-12-17 23:55 |

第34節 京都×FC東京 We'll never walk alone.

 やっと現実感が出てきました。

12月4日(土) 2010 J1リーグ戦 第34節
京都 2 - 0 FC東京 (15:32/西京極/12,697人)
得点者:34' ドゥトラ(京都)、90'+1 ディエゴ(京都)

 この日キックオフの時刻に京都駅にいた。行き先は西京極ではなく、実家のそばの病院。11/25に倒れて、12/6に手術することになっていた父を見舞い、看護する母をサポートしに行った。京都駅から西京極と反対方向に奈良へ。実は、前節の山形戦も実は奈良から帰ってきての観戦だった。

 奈良の実家に着いてテレビを付けると前半が終了。BS1で神戸の先制、東京の失点を知った。後半の途中まで経過を追ったがその後病院へ。試合終了後に病院で受けた仲間のメールでJ2へ落ちたことを知った。月曜日には父の大きな手術が待っていたこともあり、京都戦の頃、我々家族は非常にナーバスになっていた。だから正直なところ、この週中までは、別に死ぬ(クラブが消滅する)わけじゃないし。。。という気持ちであった。当日の夜、KBS京都が録画放送をしていたので、失点したあたりから試合をぼんやりと見ることができ、試合の中身は大方理解していた。この日は自分にとってFC東京よりも大事なものがあるんだということを再認識した日だった。

 ところが昨日MXでホットラインを見て、なんというか、喪失感みたいなものを感じた。試合後の選手の挨拶の映像や、Jリーグアワォーズでの権田のインタビューを見て、ぐっと来るものがあった。選手が出すコメントにおいて、ファンに言及するものがたくさんあったが、それらが偽りでないということを強く感じた。京都に行って、到着するバスに歌い続け、試合中はもちろん、試合後に歌い続けたファンは本当に素晴らしかった。今朝、ようやく録画しておいたスカパーの中継を見なおした。京都の社長挨拶のときに東京の歌が邪魔していたようで、京都の人には申し訳なく感じたが、たぶん、その頃、選手がファンの前でうなだれていたのだろう。

 ■ 試合とこれからのこと

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-12-12 00:44 | FC東京

第33節 FC東京×山形 次だ。

 非常に厳しい結果に。

11月27日(土) 2010 J1リーグ戦 第33節
FC東京 1 - 1 山形 (17:32/味スタ/26,243人)
得点者:74' 平山相太(FC東京)、86' 田代有三(山形)

 試合開始からずーっと選手が固かった。これが「緊張」なのだろう。山形の東北らしい我慢強いサッカーは、スタイルを貫いていて本当にすごい。守備ブロックを崩さずに放り込んできたり、少しでも攻めてがなくなると後ろに戻してキックしてくるサッカーに対して、絶大な支持をし続けるサポータもすごかった。対して東京も前半は同じようなサッカー。リスクはとらないように攻めていたし、放り込みが多かった。カップ戦のような、まるで2002年ワールドカップの日本対ベルギーを思い出させるような前半だった。

 後半は幾分ボールが前に運べるようになり、ついに74分に平山の先制弾。だが、このあと選手の動きがまたも固くなってしまった。疲労からというよりも緊張感からだろう。ボールホルダーへの寄せが甘くなり、2列目の守備も見てしまう感じに。対して山形は緊張があるはずもなく、点を取るしかないのだからイケイケであがってくる。前半が嘘のように開き直ってパスをつないでどんどん攻め上がってきた。

 同点にされたシーン。たしかに家に帰って映像で見た田代のシュートはものすごい跳躍力で決めた難しいシュートだったが、そこに運ばれるまでの守備が悪すぎた。簡単にワンツーで前線を突破された前田の守備は交代で入った人のそれではなかったし、ましてや残留争いしているチームのものではなかった。この失点を一人の選手のせいにするわけではないけれど、その他のプレーも含めて彼が控えFWのファーストチョイスになっているのは理解ができない。

 とはいえ、これに文句を言っている場合ではない。とにかく次節だ。大竹は腐ってないらしいし、出られる14人とベンチを含めたすべてのパワーで良い結果を期待したい。そんな状況なのだが、当初行こうと思っていた最後の最後の大事な試合に自分は行けなくなってしまった。おまけにテレビも見れない。最後の最後にこんなことになろうとは。。。

 現地に行かれる皆さん、選手を勇気づける後押し、よろしくお願いします。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-11-28 23:48 | FC東京

第31節 FC東京×川崎 スタイルを貫け

 「自分を信じていれば、勝利はついてくる」
f0017246_23573552.jpg


11月20日(土) 2010 J1リーグ戦 第31節
FC東京 1 - 2 川崎F (14:04/味スタ/28,480人)
得点者:47' 矢島卓郎(川崎F)、66' 森重真人(FC東京)、84' ジュニーニョ(川崎F)

 厳しい結果になった。けど、不思議と試合終了後はサバサバとした気分だった。同点にされたとき先制されても負ける気がしなかった。リカのドリブルをファウルで止められた。そこで得たFKをナオが枠へ飛ばしてCKを得た。数多く得たCKからそこで点が獲れたのは偶然ではないと思う。その後も攻撃に出て川崎ゴールに迫った。川崎はじれてくる東京を待っていたかのうように、一瞬の隙をついて加点してきた。東京の出方を待ったのかもしれないし、天皇杯を120分戦った疲れが抜けきれないために時間を稼いでいただけかもしれない。崩されずに失点してしまった。

 勝てそうで勝てなかった。東京の方がアグレッシブに攻めていた。ひと月前、過去の残留勝ち点を調べたときにひとつの目安となりそうだと思った35という数字まであと3となった。残り試合を考えると38や41まで積み増すことも可能だが、残留争いをするチームらしく、勝ち点を1ずつ獲りに行くサッカーを選択することもできる。もっと前の試合から、守って勝ち点1、カウンターから運よく勝ち点3を得るというサッカーを選択することもできた。でも、東京はそうしなかった。監督が変わっても守り一辺倒のサッカーはしない。俺はそんな東京が好きだ。今日も「強者のカウンター」であるチームに果敢に攻め込んだ。そのスタイルを変えてはいけない。たとえチャンピオン相手でも、残留争いする相手でも、残留が決まっている相手でも、だ。

 大黒を早く下げ過ぎだと思うし、前田じゃなくて大竹だと思う。4-2-3-1にするなら、2列目中央に重松や大竹をいれるか、大黒と平山を縦に並べるべきだと思う(大黒をトップで)。でも現場であの形をやりたいのであればサポートするしかない。あぁしんどい。もどかしい。各論反対だけど総論賛成。そのスタイルを変えてはいけない。がんばろう。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-11-20 23:58 | FC東京

第30節 横浜×FC東京 分岐点、かも

 今までにない形での勝利。チームが変わってきた実感。

11月14日(日) 2010 J1リーグ戦 第30節
横浜FM 1 - 2 FC東京 (14:03/日産ス/29,670人)
得点者:4' 平山相太(FC東京)、59' 小野裕二(横浜FM)、79' 平山相太(FC東京)

 例によってテレビ観戦。子どもを公園に連れて行って1時間ほど遊んで中継開始に合わせて帰宅。スカパーの中継は製作協力:日テレ、ということでアナウンサーが日テレっぽかった。実況がひどい。名前も忘れた。羽中田さんの解説を聞きたかったが、民放丸出しのウザさ(下手さ)にイライラと突っ込みが止まらないので、副音声(第2音声というのか)で実況のない、スタジアム集音マイクのみの中継で観戦。選手の声がマイクで拾われたり、スタンドの声援はどことなく遠くに聞こえる感じで、スタジアムにいる臨場感はさすがにあじわえなく、なんとなく変な感じだった。ただ、ひどい実況をやり過ごして、スタジアムにいるときのように試合に集中できるという意味ではよかった。あ、あとカメラワークもひどかった。もっと引いた絵で見せないとなんでそこにパス出してるかわからないよ。。。ほんとひどい中継技術だった。

 あぁ、手短に書こうと思ったのに、もうこんなに書いてしまった・・・。

 試合の入りがよかった。最近とても良い。1点目の平山のゴールは俊輔のボールを後ろから弾いた米本の素晴らしいチェイスから。こぼれたところも、それを迷わず撃った平山の判断も素晴らしかった。試合を通じて平山も米本も良かった。1点獲ってからの試合運びも良くなった。早い時間帯で先制して、そのあとペースを変えずにガンガン行く、なんてことはなかった。これが終盤に効いたのかもしれない。羽中田さんも大熊監督へのインタビューで聞いていたが、大熊色というか、試合運びに巧さが出てきた気がする。梶山がいたのも大きいだろうけど。

 1点では心もとないと思っていたのも事実で、後半開始からの押し込まれ方を見てて、そのうちやられそうだという感じはあった。マリノスが3バックに変えてきたように見えた。俊輔が低い位置で試合を作るようになって、試合の流れがガラッと変わった。自由にポジションを変えてきて、前に掛ける人数を増やしてきたことでどんどん押し込まれた中での失点だった。ただ、問題は追いつかれてからだと思っていた。きっと選手もそういうシミュレーションができていたのだろう。同点とされたあと、前節と違っていた気がする。今回はリカルジーニョが得点に絡んで、大黒との交代が上手くいった形だが、交代直後は噛み合っていなかった。前節の二の舞かとヒヤヒヤした。それでもワンチャンスを活かして1点に絡めば◎なので、これはこれでOKなのかもしれない。平山への素晴らしいリターンだった。最高に気持ちいいゴールだった。平山、やればできるんじゃないか!!!

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-11-17 01:06 | FC東京

第29節 FC東京×ガンバ大阪 ラスト6

f0017246_0554347.jpg 勝ち点1死守。

11月6日(土) 2010 J1リーグ戦 第29節
FC東京 1 - 1 G大阪 (15:06/味スタ/27,816人)
得点者:20' 大黒将志(FC東京)、82' 中澤聡太(G大阪)

 3家族で集まっていたはらっぱ祭り@武蔵野公園から自転車で14時過ぎに到着。ひとりで公園を去ると子どもが「一緒に行く!」と大騒ぎするので、子どもたちがシャボン玉に夢中になってる隙にこっそり脱出成功。はらっぱ祭りはなかなか楽しかった。

 東京は梶山が出場停止。羽生を真ん中に置いてリカを左へ、と予想したが、大熊監督は羽生を左にそのまま、出場停止明けの徳永を米本の相方に指名した。その他のスタメンは前節と変わらず。スタメン選手とそのポジションが固まってきた効果が結果として現れ始めているだけに、この配置はある意味正しかったのかも。

 前半は圧倒的な東京ペース。前へ出る守備が非常に効果的で、ショートカウンタもたくさん出たし、シュートもたくさん打った(前半で10本以上)。ただ、最初の5本くらいはちょろちょろ転がるやつで、力み過ぎというか、シュートセレクションがちょっと悪かったかも。でも撃たなきゃ入んないんだし、最初は勢いに乗るという意味でもよかった。藤ヶ谷に何本が止められつつも、先制は東京。左の羽生が右足に持ち直してニアに放り込んだボールは大黒が頭で流し込んでゴール。羽生って動き出した選手に合わせるのがほんとにうまい。左で使った大熊采配もずばり。その後も前半は押しまくってたので、あの時間帯にもう1点ほしかった。前半危なかったシーンは遠藤のFKくらいか。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-11-08 01:02 | FC東京

第28節 清水×FC東京 よし!

 スカパーe2で観戦。台風の中、風と雨の激しい試合。スーぺル米本。

10月30日(土) 2010 J1リーグ戦 第28節
清水 1 - 2 FC東京 (13:04/アウスタ/7,117人)
得点者:32' 平山相太(FC東京)、65' 大黒将志(FC東京)、78' 大前元紀(清水)

 勝ちきった。すごい試合だった。押しながら勝ちきれなかった前節、先制したうえにFWが2得点したにも関わらず逆転負けを喫した前々節。この2試合の反省を活かしたような試合だった。

  試合の流れ。

 序盤は東京ペース。悪コンディションもなんのその、前からガンガン行って、ボールを奪ったら縦へスピードに乗るサッカーがペースを掴んだ。体力的には試合の終盤に厳しくなるが、今はこうやって先手を取るのが良い方へ向いている。20分を過ぎたあたりから清水のペースに移っていったが、そういうときにCKから点が入るのだから面白い。左サイドの狭いエリアでパスカットした羽生がドリブルで進入しCKをゲット。ナオのCKがファーサイドの平山に合い、叩きつけてゴール右隅へ。先制!。素晴らしいヘディングシュートだった。他の選手が全員ニアサイドへ集まって平山を1対1の状況にしたサインプレーにも見えた。たまたまかもしれないけど。その後、権田のビッグセーブ2発で1-0で前半終了。枝村との1対1を止めたり、トリッキーなシュートを反応良く右手を伸ばして叩き落としたり、権田が2点分を防いだ感じだった。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-11-01 00:31 | FC東京

第27節 FC東京×新潟 しんどかった

f0017246_179505.jpg 毎度のことながらほんとに疲れるねぇ(笑)。

10月23日(土) 2010 J1リーグ戦 第27節
FC東京 1 - 1 新潟 (15:05/味スタ/23,074人)
得点者:45' マルシオリシャルデス(新潟)、61' 梶山陽平(FC東京)

 めっきり秋らしくなって気持のよい味スタで久々の試合。梶山が復帰して羽生がスタメン。森重がCBへ回り、ヨングン、リカルジーニョが控えへ。梶山の相方は徳永という布陣。

 前半は膠着した試合展開。新潟は降格も優勝もないポジションだけど思い切って攻めてくるようなことはなく、東京も慎重な入り方だった。ジリジリする展開で想定通り。東京としてはいい入り方だったと思う。そういう展開の中でも奪ったあとの攻撃では決定機を作っていたし、逆に新潟にはほとんど決定機を作られなかった(ラストパスの精度が悪いとか相手のミスも多数あったけれど)。で、そんな中で訪れた前半43分のペナルティアークでのファウル。ドリブルするマルシオに対して徳永のスライディングが少し遅れてしまった。現場ではどこを抜けて入ったのか分からない失点だったが、Jリーグタイムでの小島伸幸の解説で非常によくわかった。でも権田のコメントでは誘ったコースなので止めなきゃいけなかったとのこと。いや、この辺の駆け引きはおもしろいし難しいな。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-10-24 18:03 | FC東京