第23節 磐田×FC東京 9戦勝ちなしと監督交代

f0017246_124203.jpg しんどいアウェイゲームでした。

9月18日(土) 2010 J1リーグ戦 第23節
磐田 2 - 1 FC東京 (14:03/ヤマハ/11,056人)
得点者:18' ジウシーニョ(磐田)、34' 前田遼一(磐田)、60' 石川直宏(FC東京)

 アウェイゲームの日は子ども優先でテレビ観戦が多いなか、今回は距離的にも比較的近くて、特段の予定がなかったということもあり、妻の寛容な許可を得て、家族3人でクルマにて初磐田。何にもないと言われてどんな田舎なのかと思っていたら普通の街だった。というか、全然田舎な感じがしなかったし、むしろ埼スタや鹿島の方が田舎だ。週中には秋らしく涼しくなってきていたのに、この日は30度の暑さで、雲ひとつない快晴。風もなく、なんでこんな日に14時キックオフなのかという環境だった。

 試合の方だが前半はまったく東京の良いところがなかった。4-1-4-1というか、4-5-1というか、前節のスタートと同じ入り方。これが全く機能せず、ボールを持てば相手選手とマンツーマンのように対峙され前に運べず、ボールを持たれれば、相手選手がこちらのギャップに顔を出すという、やりたいことをやられてるような状態。1失点目は森重の不用意なヘディングからの見事なショートカウンター、2失点目は前田と駒野のワンツーであっさり崩されて美しいゴールを決められた。前半はこれだけですんだが、磐田の決定機は他にもあったし、後半にも前掛かりになる東京の裏をついて、とんでもないピンチがいくつもあった。菅沼実の雑なプレーにはほんとに助けられたのだが、後半のナオのミドルシュートの1点で終わってしまった。




 前半途中にはキムヨングンの交代で再び4-4-2に戻して多少勢いが増したが、これは現地では謎の采配に見えた(ヨングンの腰の故障だったとのこと)が、選手をいろんなポジションに変えて、陣形も変えてを繰り返した結果、最悪な前半だった。後半も相手が引いたから攻めているように見えたが、実はボールを回すしかないような状態。そりゃ、相手が引けばそうそうチャンスは生まれない。個々の選手では森重はパスミスがほんとに多いし、最後の方にはなぜかファウルをとられなかったレッドカード&PKもののプレーもあったりで相当パフォーマンスが悪かった。攻撃は石川の個人技頼みになってて、連携もなく、それぞれうまいだけのサッカーになっていて、ほんとに末期症状だった。

 1点取れたのが救いだなと思っていたら本日の監督解任発表。今日はたまたま昼過ぎから東京サポ仲間と飲んでいて、なんか発表があるらしいよ、と聞いていたら解任の発表が出た。ワールドカップの中断明けは湘南に勝った1勝のみ。カップ戦を入れても天皇杯の駒澤大学相手のみ(スルガ銀行は90分引き分け)で、結果と現在のリーグ順位と残り試合数を考えると、まさにこのタイミングしかないという感じだ。浦和に負けて解任だと感情的な感じがしてヤな感じがするし、来週もし負けてからだと立て直しという意味では遅くて後任は相当窮屈になる。このタイミングでの解任に、クラブからの「全力で残留する」という強い意志を感じた。

 開幕前には大きな希望を抱いた城福監督3シーズン目だったが、なんでこんなんになっちゃんたんだろう、というのはシーズンが終わってから考えることにする。昨日の帰りの車中で妻に聞かれて考え込んでしまったが、オフシーズンにまたじっくり考えてみたい。原因はいろいろだ
f0017246_263382.jpg



 城福監督は偉大なるモチベーターだったし、自分の言葉で語れる、芯の強い男前で魅力的な監督だった。ただ、クラブの監督よりも代表監督の方が向いてるんじゃないかと思ったりもした。これも結果論だけれども。またいつか東京での登板があるかもしれないが、どこかのクラブで指揮を執る監督の姿を見てみたい。お疲れ様でした。

 大熊新(元)監督は、9年前とどう違うのかという楽しみもあったりするけれど、それよりもシンプルな意思統一でチームの方向性をハッキリさせてもらいたい。最近のチームは選手が相当混乱してるようにずーっと見えていたので、単純な分かりやすいサッカーでチームの息を吹き返してほしい。やってる個々の選手の能力が高いのは間違いないのだから、カウンターのチームでもサイドアタックのチームでもなんでもサポートするので選手が混乱しないサッカーをぜひお願いしたい。

f0017246_254696.jpg

f0017246_255769.jpg

f0017246_261224.jpg

多少怒声の人もいたが概ね拍手で激励の声が多かった。自分も後者。
f0017246_263382.jpg

f0017246_265394.jpg

夜の部(17:00から)の大原屋、うなぎまぶし。東京サポたくさん。皮が固めだったがおいしかった。
f0017246_27756.jpg


ps
それにしても行きの東名はひどい渋滞でキックオフに間に合わないかと思った。6時半頃にうちを出て、東京ICまではスムーズ。が、横浜青葉の先で事故渋滞。横浜町田まで相当掛かると出ていたので246に降りたらこっちも大渋滞(苦笑)。そのまま厚木まで下で1時間半。厚木ICからやっとこさ快適なスピードで足柄SAでひと休み。そうしてるうちに沼津ICの先で事故のため渋滞が延びる(泣)。沼津まで2時間以上、浜松まで4時間以上の表示。沼津を1時間半くらいで抜けて、その後は順調に結局キックオフの1時間前13時にスタジアムそばの駐車場に到着した。3連休、1000円高速の脅威は伊達じゃなかった。いつも混雑を避けてこういう日は遠出しないので、ほんとにしんどかった(精神的にも)。まぁそれでも、たのしい休日が事故で滅茶苦茶になっている人たちが見えてときは本当に気の毒に思えたので、事故にあわず無事に帰ってこれて良かった。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-09-20 02:18 | FC東京


<< サポートすること 第22節 FC東京×浦和 ・・・ >>