韓国×日本 面白かった!

 追っかけ再生で観戦。
 
 韓国 0-0 日本 (2010.10.12)

 今年3度目の韓国戦はドロー。ある意味アルゼンチン戦より面白かった。勝てなかったことは残念だったが、試合の中身は非常に見応えがあった。東アジア選手権と壮行試合の惨敗から、ワールドカップを挟んでチームがこれほどまでに変わるのかと、そういう意味でも面白い。相手も変わっているだろうが、日本ほどの振り幅はないだろう。良い物差しと3度戦えたことで日本の変化がよく見てとれた。

 ・岡田監督がワールドカップで成就させたしっかりとした守備組織
 ・オシム監督時代から生きているショートパスのつなぎ

 これら2つをベースに縦へ迫る迫力を見せるザッケローニのスタイル。ワールドカップ時のサッカーをベースに、自分の味付けを実にうまく調合しているように感じた。ガラっと変えるのではなく、良さを持続させたまま改良していくやり方にザックの柔軟性とインテリジェンスを感じる。「私が日本に合わせるのだ」というはきっと本心なのだろう。

 今野はパスがイマイチな感じはするし、たまに危ない場面もあったが、時間が進むにつれてどんどんキレまくって良い感じになっていた。あまり頭で考えないような状態に入った方がよいプレーができるみたいだった。出足とカバーリングはさすが。レギュラー定着もあるかな。前田は当たり負けするところもあったが、国際経験がもっと増えればきっとよくなるだろう。そういう可能性を感じさせた。本田の当たりの強さを見て、いつぞやの中田を思い出した(U-23の日韓戦だったかな)。最後の責任を獲りに行くプレーは重要な判断だが、あれを決めないとダメなのだ。青嶋アナの興奮もわかるが甘やかしてはいかん。香川は芝が合わなかったみたいだが、逆をとるのがうまいなぁ。松井も存在感出しまくりだった。長谷部の長いドリブルは久々にみた。浦和にいたころはカカに似てると思ったが、もっとあーゆーのが見たい。GKは権田が見たかった。西川よりスケールはでかいぞ。

 この2試合、新生代表の出だしとしては上々だし、見てる方としてもとても楽しい。親善試合でこれだけ楽しめるなんてのはいつ以来だろうか。ただ、冷静に考えて問題はここからだということも忘れないようにしないと。サッカーなんてもんはずっと右肩上がりで行くわけではないし、年初の酷さから考えるとやっとここまで来たかという感じもしなくはない。代表のバイオリズムが上がってきたところにたまたまザックが乗っかっただけかもしれない。だから、この先も(自分自身が)しっかりと興味を持って楽しめるようにしていきたい。

 ところで、今日のカンブリア宮殿は岡ちゃんだった。ほんとに面白い人だし、凄い人だなぁと改めて感じた。あのモチベーションビデオをフルバージョンで見る機会はないのかな。JFAのサイトとかで公開してくれないかな。またどっかで監督やるのを見てみたい人だ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-10-15 00:02 | 日本代表


<< カンブリア宮殿(岡ちゃん)と千... 高円宮杯決勝とU-19日韓戦 >>