第28節 清水×FC東京 よし!

 スカパーe2で観戦。台風の中、風と雨の激しい試合。スーぺル米本。

10月30日(土) 2010 J1リーグ戦 第28節
清水 1 - 2 FC東京 (13:04/アウスタ/7,117人)
得点者:32' 平山相太(FC東京)、65' 大黒将志(FC東京)、78' 大前元紀(清水)

 勝ちきった。すごい試合だった。押しながら勝ちきれなかった前節、先制したうえにFWが2得点したにも関わらず逆転負けを喫した前々節。この2試合の反省を活かしたような試合だった。

  試合の流れ。

 序盤は東京ペース。悪コンディションもなんのその、前からガンガン行って、ボールを奪ったら縦へスピードに乗るサッカーがペースを掴んだ。体力的には試合の終盤に厳しくなるが、今はこうやって先手を取るのが良い方へ向いている。20分を過ぎたあたりから清水のペースに移っていったが、そういうときにCKから点が入るのだから面白い。左サイドの狭いエリアでパスカットした羽生がドリブルで進入しCKをゲット。ナオのCKがファーサイドの平山に合い、叩きつけてゴール右隅へ。先制!。素晴らしいヘディングシュートだった。他の選手が全員ニアサイドへ集まって平山を1対1の状況にしたサインプレーにも見えた。たまたまかもしれないけど。その後、権田のビッグセーブ2発で1-0で前半終了。枝村との1対1を止めたり、トリッキーなシュートを反応良く右手を伸ばして叩き落としたり、権田が2点分を防いだ感じだった。




 後半の追加点は久々に見た美しい得点。こんな素晴らしい録画あったので貼っておこう(こちら)。素早いサイドチェンジが2回もあると相手のディフェンスも崩れるということか。テレビで見て絶叫した(笑)。平山のポジショニングも絶妙だった。

 岡崎、大前と投入して圧力を掛けてきてからは恐ろしかったが、守備ブロックを作って中を閉じ、なんとか対応できていた。サイドに展開されるとかなり危険で迫力があった。大前に1点返されてからの残り時間は息ができないような感じで力が入った。最後は平山が痛んで交代した相手がヨングンで、慣れないFWの位置でボールを追いかけ回す見慣れない景色(”謎”な対応)だったが、素晴らしい勝利となった。(ロスタイムの藤本のボレーには肝を冷やした。)

 試合の流れに影響を与えなかったが、重松のゴールが認められないという悔しい判定があった(動画)。東京も大宮戦でラファエルのゴールが認められなかった「幸運」があったので、やはり運の総量は決まっていて、幸運の女神は平等なのかと思ってしまった。とはいえ、とりあえず勝敗に関係がなくてよかった。これで結果が2-2とかで、さらに降格の原因になってたりしたらえらいことだ。重松にとってはゴール数がひとつ減るのだからたまらないが、「西部、ちゃんと止めとけよ」と言いたい。


 それにしても米本の凄さ。

 今日の試合は何と言っても米本。今季初出場はスタメンでフル出場。怪我の具合とかスタミナとか試合勘とかいろいろ心配したけれど、なんという凄い選手なんだろうか。昨年のトップフォームの時期とそん色のないプレーの数々を見せつけてチームを勝利に導いてくれた。守備にまわれば、スペースを消すポジショニング、1対1では長い脚でボールをからめ捕り、2人で追い込めば隙間なくボールを奪う。攻撃にまわれば、ワンタッチで縦パスを入れ、ピッチ状態を考慮に入れた完璧なボールでサイドチェンジを成功させる(記憶にある2本は、ひとつがフィニッシュまで、ひとつはゴールへ繋がった)。

 試合後には何度も「よし!」とガッツポーズを繰り返す姿を見て、熱いものが込み上げてきた。他の選手からは見られない、この試合に掛ける気持ちが、試合中のプレーとは違って伝わってきた。単なる怪我明けとは違い、パワーアップして帰ってきた米本を見れた。これだけのプレーを見ると、彼がいなかった開幕から前節までの苦しさが仕方のなかったものと思ってしまう(この話はシーズンが終わったときにまた。。。)。


 次節ガンバ戦は梶山が出場停止。この日は相方が米本に戻って、梶山の飛び出しが増えたように思えた。良いコンビだったなぁ。また次に試練。ボランチは羽生で、左にリカルジーニョが一番しっくりくるかな。なぜか神戸がガンバに勝ってしまったので、差は変わらず。仙台も遠くに行ってしまったまま。湘南×大宮の台風による試合延期がどう影響するか(いつ行われるか)。とはいえ、東京は梶山、羽生、そして最後に米本の復帰で一気に昨年の雰囲気が戻ってきた。「だーれが、なんといおーと、周りは気にするなー」という状態に突入できそうだ。次こそ久々の味スタ勝利で、連勝を!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-11-01 00:31 | FC東京


<< ナビスコカップ決勝 磐田×広島... 初コメダ珈琲 >>