アジアカップ優勝! 大会制覇を高める6つのできごと

 一晩経って大会が終わった寂しさを感じてます。やっぱり勝つって最高。

オーストラリア 0-1 日本 (スポナビ
109’ 李 忠成

 大会制覇の価値を高める6つの出来事。

①大会4度目の制覇(最多単独)。
 過去6大会で優勝4回
 優勝(広島)、ベスト8(UAE)、優勝(レバノン)、優勝(中国)、ベスト4(アセアン4カ国)、優勝(カタール)

②本田が言ってたが、開催国(カタール)、韓国、オーストラリアを制しての優勝
 (グループリーグが比較的恵まれていたという事実もあるが)

③1月の大会での優勝
 例年体調の整わないJオフシーズンの大会での優勝。昨年代表が実質的に始動した2月を考えると偉業。
 先発のほとんどが海外組で、天皇杯から時間が空いていなかったことも奏功したかもしれない。
 試合が最も遠ざかっていた前田(磐田は比較的早い段階で天皇杯敗退)は試合を重ねていくうちによくなっていった。
 他のJ所属選手(遠藤、今野、岩政)が体調を整えて試合に臨んでいたのは天皇杯終了から間近だったことも大きい。

④事前準備に恵まれない中での優勝
 練習試合もなく大会突入。ディフェンスラインは急造だったが、グループリーグで比較的組みしやすいチームと戦うことで徐々に調子を上げるという、ワールドカップでブラジルがやるようなことをやってのけた。

⑤想定する選手は招集できなかった。
 森本、トゥーリオ、中澤、栗原とザック監督が招集したかった選手はNGが多かった。

⑥相次ぐ選手の離脱
 酒井、槙野、松井、そして香川の離脱。なかでも先発で、かつ活躍してた松井、香川が離脱しての結果なのだから素晴らしい。日本の層の厚さを見た。


 これ以外に触れておかなければいけないのはやはりザック采配。決勝前までのエントリで選手交代について「?」を付けたが、決勝での采配は見事だった。噛み合わない藤本をどうするのかと思っていたら、見事なポジションチェンジ。岩政を入れて今野を左SBへ動かし、長友を一列前へ出すという英断。その後の長友の素晴らしい活躍は言うまでもない。さらには延長まで引っ張った前田に代えてチュンソンを投入。その二人によって決勝点が生まれた。それから、これまた「?」を付けた川島が大活躍。3点は防いでいた。

 大会MVPは本田だったが、個人的には長友にあげたい。決勝アシストだけでなく、岡崎への素晴らしいクロスもあった。韓国戦でもアシスト、それ以外にもクロスが冴えていた。もちろんクロスだけでなく、上下の運動量、守備への貢献、攻撃へのアクセント、試合を重ねるごとに輝きを増していた。韓国戦で見せた、延長の苦しい時間帯での飛び出しには感動した。

 あとは今野にも触れないわけにはいかない。全試合フル出場で代表タイトルに貢献。決勝で怪我したっていう噂があったけどどうなんだろう。ゆっくり休んで開幕にはしっかり戻ってきてほしい(と思ったら怪我は大丈夫そう?)。ここで掴んだスタメンの座は安泰ではない。これからもずっと定位置を掴み続けてほしい。

 ザック監督になってまだ無敗。いやーすごいな。
本田が最後の最後に I から We に変えていた。「このチームは持ってる」。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-01-30 21:05 | 日本代表


<< 開幕を前に アジアカップ2011 日本代表... >>