南米選手権 参加をめぐるドタバタ

 参加で決定になった南米選手権だが、すっきりしないのは、日本の中で協会とリーグが十分な意見交換をしてなかったことが原因なんだろう。そんな中途半端な状態で南米へお断りに行って、しかも翻意されて帰ってくるというのだから準備不足を露呈しすぎ。わざわざ南米まで行くんだから、あらゆることを想定して強い意識・準備を持ってるべきだと思うのだが。。。

 とはいえ、サッカーファンとしては南米選手権という舞台で12年ぶりに日本代表を見れるのは楽しみでしょうがない。そしてできる限りJリーグの選手にも出てもらいたい。東京からは今野も権田も出て大丈夫でしょう。今期はJ1に上がることだけ考えればよいし(つまり3位でも良い)、そもそも代表に引っこ抜かれることを想定して補強してきたわけだから、残りのメンバーがやってくれるだろう。特に今野はせっかく掴んだ代表のレギュラーポジションだし、彼自身のためにもJ2で試合をやらせるよりも「J1のやつらよりも良い経験できたぜ!」ってシチュエーションを作ってあげたい。他にも遠藤も見たいけど、西野監督がどうするか。。。

 1999年大会は井原の最後の代表での姿だったと記憶している。そう考えると随分昔のことなんだなぁ。個人的には出勤前に試合が始まって、前半途中でロペスのヘディングシュートで先制した直後に出勤しなければならなかった、という記憶があるが、今回も同じような時間帯になるのだろうか。いずれにしてもオンタイムでは見れないだろう。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-04-13 23:57 | 日本代表


<< 東京電力が福島第一原発について... チャリティマッチ FC東京×松... >>