第14節 京都×FC東京 続・怪我の功名

 スカパーe2で録画観戦。CLより後に見ました。

5月28日(土) 2011 J2リーグ戦 第14節
京都 1 - 4 FC東京 (16:04/西京極/5,330人)
得点者:14' 梶山陽平(FC東京)、20' 内藤洋平(京都)、30' 田邉草民(FC東京)、37' 大竹洋平(FC東京)、58' 田邉草民(FC東京)

 この日は部下の結婚式に出席するためのんびり録画観戦、の予定だったのだが12時過ぎに家を出る予定だったところ、なんと起きたのが12:45過ぎ!超大パニックで家の中を走り回りながら準備。開宴13:45に間に合わないかもしれない!と雨の中へ飛び出した(最終的には間に合ったのだが、道中のパニくり具合は割愛・・・)。そんな訳で、生中継を録画予約できなかったので、夜中の放送を録画して日曜日に観戦。娘の相手をしながら見てたので細かいところはよくわからなかったが、結果も経緯も知っていたので安心して見れた。よかったよかった。

 この日の先発にはついに#19・大竹洋平が登場。やっとやっとの先発。先週足りなかったピースがひとつやっとはまった感じだった。これも鈴木達也が怪我(?)で外れたため、怪我の功名。怪我で選手がいなくなり、追い詰められた大熊監督がやむをえず採用した案にしか思えないのだが、ここできっちり結果を出した選手たちに拍手だ!非常に矛盾した表現だが、どうだ見たか大熊!という感じ(笑)。

 雨でボールが走っていたのも足元で受ける選手が多かったところにハマッタ感じもした。草民なんかはパスが弱い感じがするので、雨で流れてちょうど良くなった感じがしたし、大竹・梶山・草民・羽生の中盤はきっと合ってたんだろう。「だろう」と書いたのはテレビじゃよくわからなかったから。高橋のよさもあったと思うのだが、テレビだといまいち伝わってこなかった。徳永なんかについても。でも結果を見れば間違いないと思う。先週から、これはいいぞ、東京始まったか!?と思わせる内容だったが、結果が伴って俄然勢いが増す。それだけに次の試合は重要だ。このメンバーで継続してチームに勢いと安定をもたらすとともに、怪我人が帰ってきても、監督が縦ポンサッカーに戻す気が起こらないくらいの完成度にしてほしい(監督が今のサッカーがやりたいサッカーでないことはコメントを読んでると分かりやすすぎてびっくりするからな(笑))。

 監督についてちょっとひどい書き方をしてしまったが、それでもこのメンバーで組んだって事は、案外ふところは深いのかもしれないな。。。とも思ったり(そうだといいんだけど)。そうそう、あと草民や高橋が90分プレーしたのも大きいよね。

 重要な次節駒沢、行けないかもしれなくて悩ましいのだが、今回と同じような結果を期待したい。それにしても、やっと形が見えてきたのに今野が(権田も?)抜けてしまうなんてなぁ、それだけがちと心配だ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-05-30 23:23 | FC東京


<< UEFA CL Final バ... カズと南場さん >>