Heaven and Hell と Trivium (その2)

 Heaven and Hell と Trivium (その1) の都築続きです。

 さっさと書くつもりだったんですが、間に色々入っちゃいました。そう考えると今週初に行ってきたLIVEとは思えないな。。。

10/22(月)東京 国際フォーラム ホールA
OPEN 18:00 / START 19:00   TICKET ¥9,000-(税込/全席指定)
HEAVEN AND HELL  LIVE 2007 JAPAN   Guest:Trivium


 ■Triviumの感想をちょっと補足。

 彼らのLiveパフォーマンスはかなりよかったです。ステージを走り回って、頭ぐるぐる回しながらギターをかき鳴らして。何より日本語で色々煽ってきたのが面白かった。

 アタマフレー! (ヘドバンを要求。結構要求してましたw)
 アバレロー!  (イス席でどうやって・・・)
 トベ!      (みんなおっさん。。。だけど前列は跳んでたぞ!)
 
 これらをデス声で叫ぶんです。最高(笑)。

 何曲か演奏してから、
 オレタチ、Trivium. キョウハ、タノシンデクレ!

 観客のリアクションに、これも連呼してました。
 オマエラサイコー!

 僕は「We're Fire!」って一緒に叫んでましたけどね、左右は座ってましたよw

 そうそう、演奏なんですが、ドラムが下手っぴでぶっ飛びました(笑)。まず始まってすぐに、一緒に行った友人と顔を見合わせて、あのドラムはやばい、とお互いに言ってたので相当だと思います。このあたり、まだ「アルバムは良いんだけどね~」の域を出ていません。

 さて、肝心のHeaven and Hellについても感想を。




■さすが貫禄の Dio Sabbath

 Triviumが撤収した後、雰囲気のあるステージが手際よく作られていきました。暗転して始まったSEは今年発売されたアルバム「Live From Radio City Music Hall」と同じです。しかしAfter Allにはいかず、そのままMob Rulesへ。勢いがあってよかったですが、あの雰囲気もちょっと味わいたかったな。以下、ほとんど同じセットリストなんですが、アルバムから何曲か間引かれた感じです。

SET LIST

01. E5150
02. Mob Rules
03. Children Of The Sea
04. I
05. The Sign Of The Southern Cross
06. Voodoo
07. Drum Solo
08. Computer God
09. Falling Off The Edge Of The World
10. Die Young
11. Heaven And Hell
-encore-
12. Neon Knights

 全般的にとにかく、すごい。何がすごいってDioの歌。65歳ですよ。孫がいてもおかしくないわけですよ。いや、あそこまで声が出るんですねぇ。遠めには背中の丸いチンパンジーにも見えなくないんですが(失礼!)、素晴らしい気品と言うか、雰囲気を持ってました。感動。

 そしてベースとドラム。とにかくリズムの正確なことと言ったら、そりゃLiveアルバムと同じでした(笑)。あのLiveアルバムはギーザー・バトラーのかっこよさに痺れるんですが、当然、ここでも同じでした。しかし、しかし!音がメチャクチャ悪くて、すごい指を動かしてるのは見えても、音が捕捉できないんです(T_T)。なんであんなに爆音にする必要があるんだろう。メタルのLiveでベース音が聴こえることって、確かにほとんどないけど、これは粒で拾いたかったなぁ。。。途中で気付いたんですが、耳を塞いで演奏を聴くと、なんとベースの粒粒がちゃんと聴こえました(泣笑)。というわけで凄いことを、リズム狂わずにやっていたのは本当です。でも耳を塞がないとわからないってどういうことだよ。。。

 ドラムも凄かったですよ、ヴィニー・アピス。Triviumの後だったからか(笑)、まさにプロという感じでした。

 トニー・アイオミの最も印象的なのは、最後のピック撒き。すげー数のピックをポケットから取り出して、相撲取りが神社でやる節分の豆まきみたいにステージを右から左へ歩きながら撒いてました(笑)。あれはおもろかった。そんで、この人はプレー中にほとんど動かないんだけど、ソロのとき、ファンが手を振るのにうなづきながら答えているのはよかったな(笑)。そんな感じです。

 そうそう、ロニーは歌いながら前列のお客さんと握手してましたね。みんなメロイックサインを掲げて、なんとかロニー教祖にあやかりたい!って感じで、どっかの宗教みたいでもありましたし(笑)、演歌歌手がディナーショーで歌っているようでもありました。あーゆー無茶な態勢でもしっかり声が出てるんだからほんとにすごい人です。


 ■最後に音の問題について

 全般的に楽しめたんですが、それにしても音の問題だけはどうにかなんないもんでしょうか。あれほどいい席であの音では、純粋に音楽を楽しめません。Triviumなら演奏もそんなに上手くないし、勢いだけで楽しめるけど、Heaven and Hellクラスの実力者の演奏を、いい音で聴けないというのは本当にもったいないことですよ。観客も耳の肥えた年長者ばっかりだったわけですし。僕がコンサートに通い初めて20年弱になりますけど、この辺りって全然進化しないですねぇ。国際フォーラムだけの問題なのかなぁ。去年の渋谷AXで音の良かったDream Theaterが異例だったのかなぁ。。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2007-10-26 00:08 | music


<< やっと見ました。電動車いすサッ... 浦和×城南一和 PK戦にて決勝進出 >>