2007 J1最終節 テレビ観戦 & その他もろもろ

■東京は甲府で最終戦(見てません)

 塩田がビッグセーブを連発したらしい。ということは攻められてたってこと?

12月1日(土) 2007 J1リーグ戦 第34節
甲府 0 - 1 東京 (14:34/小瀬/14,777人)
得点者:87' ルーカス(東京)

 東京はルーカスのPKで最終節勝利。結果しか知らないけど、気分よく天皇杯へ向かえるのは好材料か。鳥栖との試合は来週土曜日のBS1で19:00から録画放送あります。


■NHKで横浜FC×浦和を観戦

 東京の裏ではNHK総合とBS1を画面分割で観戦。でも横浜先制や、鹿島先制のときのNHKの連携が早くて両方を表示している必要がなく、結局逆転が必要になった浦和をずーっと見ていた。

 横浜FCは、人が次々に連動するサッカーが面白い。とりあえず東京と試合をしたときからは随分変わっていた。そして見るも無残な浦和の守備陣。ズタボロな感じで、「終わってる」感じがした。どっちが落ちるチームか分からないくらいだった。



 とにかく疲労なんだろうけれど、守って負けずにここまで来たチームが、こうなるとは思いもしなかった。ただ、前半終了時点では、後半に入れば変わってくるだろうし、残り15分になった辺りで、年齢の高い横浜はガクっと運動量が落ちてくるだろう、と思って見ていた。するとガクッと落ちたのは浦和のほうだったのがさらにびっくりした。

 ポンテに代えて小野が入った時点でこりゃダメだろうな、と持った。もはや小野は過去のレジェンドになってしまっている。相手がベタ引きでスペースもないが、試合の最初から全力で走れる選手はいないし、いつも疲れきったメンバーで試合をしているのは不思議だ。

 結局この1年掛けて若手を育てながら選手層を自らの手で厚くしてきた鹿島オズワルドオリヴェイラ監督(このコメントの最後は泣ける)と、選手を固定することでチームの自主・連動性を構築してきた浦和オジェック監督との方針の差が出たのかもしれない。

 もちろんACLもなく代表選手もいない鹿島と、ACLと代表戦を含めた過密日程の浦和とを比較するのはフェアじゃないだろう。ただ思ったのは、結局浦和のFWはワシントン・永井・田中の3人しか出てこないし、中盤なんかは代わって仕事をしてくれる選手がいない。意外に層が薄い。浦和はよくこの固定メンバーでこれだけ戦ってきた、という方が正しい評価なのかもしれない。対して鹿島は田代、コオロキ、柳沢、マルキーニョス、さらには野沢のいずれが出ても水準以上の働きをしているFWがいる。この辺は前監督からの遺産の継承がうまくいっている。東京だけではなく、監督が代わるチームのチーム作りの肝かもしれない。

 とりあえず我が東京のことは横へ置いておいて、Jリーグの最終節ではドラマを堪能できて面白かった。


■その他のニュースで気になったこと

横浜FC、新監督に都並氏

 不思議!あんなにタレントで劣るチームが、ようやくあれほど素晴らしいサッカーを見せているジュリオレアル監督と契約を継続しないなんて!東京の後任にいかがでしょう?(笑)。カタタウと一緒にぜひ来て欲しい。

 都並さんは、ドーハ世代の中でも就任・離任を繰り返している人。いわゆる「失敗」をしてもまた監督に就任できる、というのはコーチという人材育成の面では日本のためにいいことだと思う。都並サッカーがどういうものかは知りませんけど。


ラモス監督が勇退、後任は柱谷コーチ

 大嫌いなベルディをラモス監督のままで見てみたかった。それにしてもここまで来たのに、ここで辞めちゃうのが不思議。柱谷弟が新監督らしいけど、なんか一気に弱そうに思うのは偏見だろうか?それにしても「来季からチームの呼称を「東京ヴェルディ1969」から「東京ヴェルディ」に変更する」ってなんだよ。最初からつけなきゃいいのに。どうせなら「ヴェルディ川崎」に戻してほしい。


●Jリーグはまだ終了していない

 入替戦が水曜と土曜にある。水曜日は19:00から、土曜日は16:00からBS1。いやらしい趣味ですが入替戦が好きです。オールスターは嫌いです。やっぱりガチンコで、気持ちが溢れる試合が好きなので、そうなると国内随一の試合は入替戦になると思ってます。ただ現地で見るのは自分のチーム以外は辞めたほうがいいと、柏×甲府@日立台に行ったときに強く思いました。いたたまれなくなるので。


●金曜日にまたセパハンの試合

 クラブワールドカップが始まります。もう金曜日には国立でセパハン×ワイタケレの試合があります。今年から始まったおかしな開催国枠のおかげです。浦和がここに出場してたら負けてただろうな、と思わせる過密日程ぶりです。とにかく浦和は次週までに立て直すのは難しそうですね。


●リーグは終わったのにサッカーで溢れてます

 それにしてもサッカー臨界点に達する感じの12月です。BS1でプレミア見たりしてると、もうおなかいっぱいです。アーセナルすごい。こういう試合に慣れた、サッカーを生観戦したことのない人が、東京の試合をスタジアムで見たらどう思うのか心配になってしまいます。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2007-12-02 21:17 | FC東京


<< 2007 J1・J2入替戦 京... プロパガンダファクトリーとサポ... >>