タグ:新潟 ( 10 ) タグの人気記事

第16節 新潟×FC東京 無失点勝利

 録画観戦。ほっと一息ですね。

7月13日(土) 2013 J1リーグ戦 第16節
新潟 0 - 3 FC東京 (19:03/東北電ス/26,547人)
得点者:3' 高橋秀人(FC東京)、10' 渡邉千真(FC東京)、88' ルーカス(FC東京)

 水曜日に浦和に2-0から追いつかれて後味の悪さが残ったけれども、この試合も2-0になった。そこから全選手のすごい集中力が伝わってくる試合だったな。結果、無失点でさらにルーカスの追加点まで付いてきた(入るときはあんな難しいシュートも入るんだなぁ)。もっといえばナオのシュートも惜しかった。あれはファウルを受けてたけど。。それから忘れてはいけない、権田が凄かった。ヘディングシュート、田中亜土夢のシュート、他にもハイボールへの飛び出しやキャッチと安定してた。雨だったのにね。毎試合これを普通に、ぜひ。

 CKから得点したのも久々に見たし、へんてこなPKももらったし(ファウルはファウルだけど、アーリア早めに転びすぎ)、試合展開としては申し分なかった。それでも主審のジャッジが特に前半は不安定で、前半に遅延行為で森重がカードをもらったり、後半は連発だったりと、まぁ必死だったからしょうがないけど、もったいないところではあった。後半はだいぶ押し込まれていたけれども、相手の拙攻もあって助かった印象。このあたりが浦和や広島との違いなんだろう(浦和は水曜日に消耗したせいか、今日は川崎にすごい負け方してた)。

 それにしてもこの3試合、三田の働きが凄まじい。今日の前半はすぐに点が入ったからかそれほど目立たなかったが、後半は守備と残り10分くらいからの奮闘が凄まじかった。中2日でフルタイムであれだけ動き続けるのだから凄い。中継では「大学では2日連続フル出場もあったので全く問題ない」と紹介されていたが、それも納得の動きだった。ルーカスを控えに追い込むのも納得の充実っぷりだ。これで3試合連続高パフォーマンスを見せたということで、完全にレギュラーを掴んだ。しかも今や頼りになる存在。いやー、すごい。かっこいい、というかかわいい。全然満足してなさそうなところもいいな。もともとボランチみたいだし、米本と組んでも面白そう。でも、あのクイックネスは前のほうが生きそうだな。「人生変えるぜ」の林くんも頑張って欲しいね。

 ところで、この試合は相手の田中達也が光っていた。こんなに頑張ってるんだと思ったら、柳下監督も褒めていたので、いつも良いわけではなさそうだ。あとは田中亜土夢がやっぱり元気で、25歳という年齢を見て驚いた。昔からいるのでもっとおっさんだと思ってたよ。最後の徳永との接触で痛めた足がなんともなければいいけど。

 次はずーっと勝てない城福甲府と(今日も湘南に負けた)。羽生は見たかったなぁ。水曜日、味スタに行けるかな。。

 そうそう、あと、今日は監督の交代が(いつもよりは)早めに行われていたので改善が見られた。選手は現場の一戦に集中して、マネジメントサイドはもっと大局でみるべきでしょ。こういうのをしっかりと続けて欲しい。あと米本の膝のテーピングと途中交代が気になりました。以上。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-07-14 03:10 | FC東京

第10節 新潟×FC東京 シュート撃ちまくった

 BS1をほぼオンタイムで追っかけ再生。カメラが引き気味でスカパーより見やすいんだよな。

5月6日(日) 2012 J1リーグ戦 第10節
新潟 0 - 2 FC東京 (19:04/東北電ス/21,827人)
得点者:51' 梶山陽平(FC東京)、71' 谷澤達也(FC東京)


 リーグ戦での連敗を止めてほっと一息。日曜の遅い時間にも関わらずAway側からしっかり声が聞こえてきてて頼もしかった。天候も悪い中お疲れ様でした。

 新潟は前半からひとり少ないかのようなドン引きで、これをサポートするファンは大変だと、まず思った。東京は前半から少し果敢に前へ出てた。梶山の調子もだいぶあがってきた感じ。この試合は椋原がACLの余韻をかってリーグ初先発。それも右SB。チャン・ヒョンスを追いやって徳永をCBにするくらい、椋原と太田と徳永を使いたかったということ。そしてそれにしっかり応えて結果を出した椋原最高。

 先制点はルーカスがミドルシュートを撃って、相手に当たって戻ってきたところから。椋原が、対面の相手が視線を外したスキに猛烈ダッシュ。そこへスルーパスが出て梶山へどんぴしゃクロス。右足だとやるんですよ、この子は。梶山は当てるだけのボレーで左隅へゴールイン。椋原すごかったよ、椋原。

 そのあと、谷澤のごっつあんで2点目。こんなおいしいのは年に1・2度あるかないか。落ち着いてよく決めました。新潟は攻めてきてもあんまり迫力なかったし、東京が最後まで集中してて守れていた。

 タイトルには「シュート撃ちまくり」って書いたけど、公式には8本。すくねー!(笑)。ただ、先制の直前のルーカスのミドルとか、他にも梶山がすぐDFに当てたミドルとか、たぶんカウントされていないシュートも何本かあったはず。この日は前半からゴールへの意識が強かったし、やっぱりそういう部分を感じられたのは気持ちよかった。新潟はシュート3本なんだから圧勝でしょう(田中の1本はポスト直撃で危なかったけど)。

 次、札幌。もう一回勢いに乗るためにも連勝したいところ。札幌も必死だろうなぁ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-05-08 22:45 | FC東京

第27節 FC東京×新潟 しんどかった

f0017246_179505.jpg 毎度のことながらほんとに疲れるねぇ(笑)。

10月23日(土) 2010 J1リーグ戦 第27節
FC東京 1 - 1 新潟 (15:05/味スタ/23,074人)
得点者:45' マルシオリシャルデス(新潟)、61' 梶山陽平(FC東京)

 めっきり秋らしくなって気持のよい味スタで久々の試合。梶山が復帰して羽生がスタメン。森重がCBへ回り、ヨングン、リカルジーニョが控えへ。梶山の相方は徳永という布陣。

 前半は膠着した試合展開。新潟は降格も優勝もないポジションだけど思い切って攻めてくるようなことはなく、東京も慎重な入り方だった。ジリジリする展開で想定通り。東京としてはいい入り方だったと思う。そういう展開の中でも奪ったあとの攻撃では決定機を作っていたし、逆に新潟にはほとんど決定機を作られなかった(ラストパスの精度が悪いとか相手のミスも多数あったけれど)。で、そんな中で訪れた前半43分のペナルティアークでのファウル。ドリブルするマルシオに対して徳永のスライディングが少し遅れてしまった。現場ではどこを抜けて入ったのか分からない失点だったが、Jリーグタイムでの小島伸幸の解説で非常によくわかった。でも権田のコメントでは誘ったコースなので止めなきゃいけなかったとのこと。いや、この辺の駆け引きはおもしろいし難しいな。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-10-24 18:03 | FC東京

第16節 新潟×FC東京 strong pointを狙われるとは・・・

 切り替え切り替え。J-Sports plusで観戦。

7月31日(土) 2010 J1リーグ戦 第16節
新潟 2 - 1 FC東京 (19:03/東北電ス/36,910人)
得点者:15' 矢野貴章(新潟)、80' 本間勲(新潟)、83' 今野泰幸(FC東京)

 先発を4人入れ替えて5連戦の3戦目。怪我もあるとのことだが、修正点やターンオーバーも意識してのものだろう。右SBに椋原、右MFに鈴木、FWはリカに代えて赤嶺、梶山に代わって高橋がボランチで初先発した。

 開始早々から新潟が高い位置からプレッシャーを掛けてきた。ポゼッションチームに対するセオリーどおり。これをいなせばチャンスも広がるし、これをいなせるくらいにチームも成熟してると思ったのだが。。。いきなり15分で失点。最終ライン付近でパス交換するときに高橋のパスが弱くミシェウにカットされる。これを矢野が受けて、権田と1対1となり失点。高橋はこの後前半で交代となり厳しい先発デビューとなった。これ以外のプレーでもパスにはいいところがなく、ボランチでやっていくには厳しいと思わせる結果だった。

 前半のビッグチャンスは松下のFKがバーを直撃と羽生がゴール正面でボールを奪取して左足でシュートした2つ程度しかなかった。大黒が流れて空いた中のスペースに達也が走り込む連携があったり、それほど悪くはなかったが、やはり最終ラインからのビルドアップができず、決定機を作ることはほとんどなかった。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-08-02 21:15 | FC東京

第34節 新潟×FC東京 いまさらですが。。。

 さてはて、やっとこさ振り返り。これで年が越せる(笑)
 例によってスカパーe2にて観戦。

12月5日(土) 2009 J1リーグ戦 第34節
新潟 1 - 1 FC東京 (15:33/東北電ス/33,984人)
得点者:12' 中村北斗(FC東京)、89' 松尾直人(新潟)


 J2の最終節が終わって1時間後のキックオフだった、たしか。J1も一斉キックオフだが、時折浦和と鹿島の試合を画面分割で表示して見るものの(スカパーの中継では他会場の途中経過を出さないので)、東京の試合しか見てなかった。

 今となっては覚えていることが、前半は東京が押し気味で新潟にほとんどチャンスを作らせていなかった、そして中村北斗のゴールシーン。後半は必死の新潟が盛り返してきて、ただ東京も互角に戦っていたのだが、浅利が交代で入るか!という間際に嫌な雰囲気のCKからワンチャンスを決められて追いつかれてしまった。こんな感じ。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-12-26 02:35 | FC東京

第1節 FC東京×新潟 開幕前のほうがワクワク・・・

 天気はよかったけど、花粉が。。。

3月7日(土) 2009 J1リーグ戦 第1節
FC東京 1 - 4 新潟 (13:04/味スタ/27,568人)
得点者:44' ジウトン(新潟)、51' 近藤祐介(FC東京)、53' ペドロジュニオール(新潟)、68' 大島秀夫(新潟)、72' ペドロジュニオール(新潟)

 土曜の夜は「開幕してからより開幕前のほうがwktkしてるというのはこれ如何に!?」という気分で悶々とてたが、一晩ぐっすり寝て、皆さんの次だ、次!!というブログを読んだりして、多少へこみが落ち着いてきました。

 私は今年も相変わらず自由席SOCIOなんですが、土曜は知り合いの方からチケットを譲っていただけたので、カミさんと娘を連れて味スタへ。味スタ地下の駐車場に車を止められるペアチケットは庶民のあこがれの的です。チビのほうはキックオフと同時に就寝。ハーフタイム後ぐずり始めたため、カミさんが席を離れてる間にこっちとあっちに1点ずつ入り、戻ってきてからの2失点のたびにチビは泣いてました。失点が悲しいのか、新潟サポが湧きかえるのにびっくりしたのか定かではありませんが、何度も教え込んだ「シャー」を選手と一緒にやる夢は次回以降に持ち越しです。

 あとはグダグダな感想。まとまりなし。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-03-09 23:23 | FC東京

第33節 FC東京×新潟 ありがとう。

 いろんな意味でありがとう。味スタの雰囲気は最高でした。

11月30日(日) 2008 J1リーグ戦 第33節
FC東京 1 - 0 新潟 (16:04/味スタ/35,172人)
得点者:83' 赤嶺真吾(FC東京)

 いきなり個人的な話だけど今日は僕の誕生日でした。だから勝ってくれてありがとう、嬉しかったというのが最初のありがとう。子どもができてから誕生日の意味を深く噛みしめるようになって、それだけになおさら嬉しかった。それからこの選手たちのコメント。感謝の気持ちがあふれる選手のコメントは勝った後だけに清々しい。大竹のコメントでもチームの成長を実感してるようでそれも嬉しい。羽生の次節への想いもしっかり受け止めよう。真っ暗になったあとの味スタはキレイだった。

 試合は、裏を狙って蹴ってくる新潟、今年を総括するようにがんばってつなごうとするFC東京という感じだった。新潟の方がチャンスがあったかな。つなぐサッカーから得点は奪えなかったが、しっかりと勝ちきった。ジョーカーになってる赤嶺。あの遠くからのヘディングはすごい。ゴールから離れてる分競る相手が一人になる。一対一なら負けない自身があるのかも。赤嶺ゾーンと呼べるかもしれない。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-11-30 23:31 | FC東京

天皇杯5回戦 FC東京×新潟 2点差から逆転

 試合を観てません。2点差から3点とって大逆転。BS1でダイジェストだけ見ました。

11月15日(土) 第88回天皇杯5回戦
新潟 2 - 3 FC東京 (13:00/とりスタ/3,211人)
得点者:6' マルシオリシャルデス(新潟)、21' 千葉 和彦(新潟)、31' エメルソン(FC東京)、53' 赤嶺 真吾(FC東京)、62' 梶山 陽平(FC東京)

 ナオの怪我が心配。今日も相変わらずキレてたみたいだし(アシストもしてる)。打撲だけみたいだけど、監督会見読むと悪質なファウルだったみたいだ。そんでもって、モニも怪我で交代かぁ。この時期にやっぱりどこのチームも厳しいよな。

 そんな中、明るい話題も豊富にあった模様。前半は左サイドカボレ偏重の攻撃の裏をとられたとのことで、これは来週からのリーグ戦である程度対処療法を考えることができる。良いきっかけを新潟が与えてくれたと思いたい。それから久々先発の赤嶺ゴール。やっぱりストライカーは点とってリズムが出るだろうしいい傾向。あとは梶山の左足ゴール見た記憶がないなぁ(笑)。浄からのアシストだった。浄の怪我も癒えたか?梶山があそこに入ってきてたというのがエライぞ。

 BS1では2試合やってたがともにJ2のチームが勝利。鳥栖にやられた神戸とは来週リーグ戦で当たる。あれを見る限りいける。とにかくディフェンスが緩かった。ワンタッチでどんどんつなげば絶対隙間ができるのでムービングで崩して勝利を。あとはピッチをワイドに使って。当然フリーランニングも重要。鳥栖の選手はよく走っていた。

 ナオやモニが出られなくてもそこは他の選手がカバーしよう。上位のチームでレギュラークラス全員が怪我のないチームはないだろう。ここはまさにチーム力が試される。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-11-16 00:12 | 天皇杯

2008 第2節 新潟×FC東京 勝てば100点!

 どんな形でも勝てば良し。反省はその後。

3月15日(土) 2008 J1リーグ戦 第2節
新潟 2 - 3 FC東京 (16:03/東北電ス/35,083人)
得点者:6' エメルソン(FC東京)、8' カボレ(FC東京)、11' 今野泰幸(FC東京)、57' 内田潤(新潟)、58' 矢野貴章(新潟)

 本日は西船橋の友人宅にてスカパー観戦。もうすぐ1歳になるチビちゃんと交流を図りながらぼちぼち試合を見てました。(チビちゃんとの交流は失敗・・・)


 ■3種類の異なる形でのゴール

 11分間で3点!しかも試合開始から!!考えられへん!!! う~ん、驚いた。しかも素晴らしいのが3つとも異なる形での得点であること。

 1点目。
 梶山がハーフウェイライン上でボールを奪う。左にカボレ、真ん中にエメルソン、右にナオが走りだす。わずかにタメを作った梶山から右サイドのナオへグラウンダーのスルーパス。パスの速さ、コース、最高の質。そしてナオには2人のDFが寄せる。ナオはノートラップで中央でフリーになったエメルソンへこれまた最高のパス。エメルソンにはコースを狙える時間がたっぷりあった。左隅へ蹴りこみ1点目。エメルソンがゴールした後あんまり喜んでなかったのでオフサイドかとびびったがゴールだった。

(続きを読む)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-03-15 22:38 | FC東京

2007 第31節 新潟×東京 そんなに悪くない

 J SPORTS ESPNで観戦。(CATVを契約してないのになぜか見れました。なぜだろう?)

11月10日(土)2007 J1リーグ戦 第31節
新潟 vs 東京 (16:04/東北電ス/37,851人)
得点者:42' 石川直宏(東京)、60' エジミウソン(新潟)、83' エジミウソン(新潟)


 ■入ったいい時間帯!!!!!

 前半開始早々はバタバタな東京。10分くらいまではヒヤヒヤもん。新潟が圧倒的にボールを支配して、人もボールもよく動く。ここでゴールされていたらドミノ倒しのようにやられてたかもしれないが、ここをよく耐えた。その後はわりと一進一退の展開。

 中盤は今野と浅利の為、福西や梶山のようなためは作れない。栗澤は左前にいるのでゲームを作る感じではなかった。今野が映えるのはやはりディフェンスからの流れ。17分には鋭い出足から中盤でボールを奪い、カウンタ。最後はスルーパスが弱くて相手に取られたが瞬間的な速さはこの日も際立っていた。

 放送の中で倉敷アナが「東京サポータは前節7失点のGK塩田を拍手で迎えました」と言ってたが、GKだけの失点なんてそんなになかったから、そりゃそうだ。そしてこの日の塩田はビッグセーブを連発してました(それだけ攻められてたということですが・・・)。24分、カウンタから抜け出した矢野の1対1をストップ。36分、ミドルシュートをヒールでコースを変えられたが、塩田が瞬間的に反応してセーブ。とにかく決定的なシーンが多かった。

(続きを読む)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2007-11-10 19:41 | FC東京